タイムスタンプ

たいむすたんぷ

記録映像に年月日・時間を表示する機能。

証拠映像として活用する際に絶対必要不可欠な重要な機能。

録画装置内の時計機能をもとに日時を書き込むため、録画装置の時刻がずれていると、録画映像の表示時刻もずれてしまう。

そのため、より正確な時刻を記録するために、録画装置が定期的にNTPサーバーから正確な時刻を取得したり、電波時計機能を搭載していたり、、GPSアンテナを使って正しい時刻を取得できるように、各メーカー対策をしている。

なお、頻繁に録画装置の時刻が明らかにおかしい日時を示す場合(2000年、2010年など年レベルでずれる場合)は、録画装置内の設定保存用の電池が切れて、録画装置が正しい時間や設定を記憶できずに工場出荷状態に戻っていることが多い。内部の電池交換をすれば、症状は治まる。

タイムスタンプに関連する言葉

  • 圧縮

    圧縮とは防犯カメラシステムの場合、映像データを小さなデータに変換することを言う。 映像データは文字データや画像データに比べ圧倒的にデータ量が大きく、高画質になればなるほど大きなデータとなる。 そのため、同軸ケーブルを使用 … 続きを読む

  • バックアップ

    防犯カメラの専門用語としては、記録映像が上書きで消えてしまう前に、外部メディアに抜き出して保存すること。 例えば、CD-RやDVD-R、USBフラッシュメモリなどで、録画装置から映像を抜き出すことが一般的。 また、精密機 … 続きを読む

  • ミラーリング機能

    防犯カメラの録画装置内に偶数基のハードディスク(通常は2基)を搭載し、同時に録画するリスク回避機能。 2基のうちどちらかのハードディスクが故障しても、同様のデータがもう1基のハードディスクに残る為、故障による証拠映像の消 … 続きを読む

  • USBフラッシュメモリ

    USBフラッシュメモリとは、コンピュータなどのUSB端子に差し込んで使用する、フラッシュメモリを内蔵した小型の外部記憶装置のこと。 機器への抜き差しが容易かつ、小型で持ち運びにも便利なメディアとして、パソコンなどのコンピ … 続きを読む

  • RAID

    複数のハードディスクを使って、壊れにくい記憶領域を作る事。 具体的には複数のハードディスクに同時に同じデータを記録することで、どれか一つのハードディスクが故障してもデータの損失がないようにすること(RAID1=ミラーリン … 続きを読む