防犯用語辞典

Glossary

LED

えるいーでぃー

LEDはダイオードの一種、発光ダイオード(light emitting diode: LED)のこと。

順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子である。

2016年現在、照明器具の主力光源となっており、低消費電力で長寿命といった特徴を持つ。

LED照明に使われる白色の光には、青色の光源(ブルーライト)が必要不可欠であり、高輝度の照明の普及に伴い、ブルーライトが環境や健康に有害であることが指摘されている。

ブルーライトは視力に影響を与え、車の運転などの安全性を低下させる。

夜間に睡眠を司るホルモンのメラトニンの分泌を抑制し、睡眠時間の減少、睡眠の質の低下、眠気、昼間の機能の低下、また肥満に関連することが判明している。

このため、まぶしさの低減とブルーライトの制御が課題となっている。

LEDに関連する言葉

  • モアレ

    干渉縞ともいう。 防犯カメラで撮影する被写体に、規則正しい縞模様があった場合、固体撮像素子(CCDやCMOS)の画素や、モニターの走査線と干渉し発生する縞模様の事。 防犯カメラの撮影可能な細かさを超えている絵柄や、モニタ … 続きを読む

  • フレアー

    レンズに差し込んだ光がレンズ面や鏡銅内で反射・散乱し、余計な光として映像に入り込み、画像の一部や全体が白っぽくなり、シャープさがなくなる現象。 また、極めて強い光源が入り込んだ時に映像に現れる玉状に連なった光をゴーストと … 続きを読む

  • OSD

    オンスクリーンディスプレイ(OSD)は、機器の設定メニューをモニターなどのディスプレイに出力して、その映像を見ながら設定できる機能の事。 古い防犯カメラは、ディスプレイ上にメニューを表示できなかったが、2010年頃から、 … 続きを読む

  • ルクス

    明るさ(照度)の単位。 光源から発した光が、照射対象の床や壁に当たった明るさを数値化したもの。 明るいオフィスは約400~500ルクス程度で月の光は約0.2~0.5ルクス程度。 防犯カメラの高感度機能は、最低被写体照度0 … 続きを読む

  • オートゲインコントロール機能

    撮影場所が薄暗い場合などに、防犯カメラが光を増幅し、明るい映像に調整する機能。 オートゲインコントロールの値を大きくすればするほど、より暗い場所を明るく撮影できるが、その分ノイズが増える。 ノイズが増えることで、映像品質 … 続きを読む