【分譲マンション】ハイビジョン暗視防犯カメラシステム

【分譲マンション】ハイビジョン暗視防犯カメラシステム

お客様のご意見

マンション管理組合様

夜間マンションのガレージ前に無断で駐車をされたり、駐輪場を使われることがあり、迷惑駐車の証拠を撮るため防犯カメラの設置・導入を行いました。

導入をされたきっかけ

マンション駐車場のガレージ前に夜間無断で車を止める迷惑行為や、駐輪場に無断で自転車を停めるといったことがあり、防犯カメラを設置することになったとのことです。

そこでガレージ前と駐輪場付近が見渡せる位置に防犯カメラを設置し、迷惑行為の証拠録画と抑止効果を高める形で対策を行いました。

防犯カメラを検討するにあたり、リーズナブルな金額と柔軟なメンテナンス対応の点で導入のしやすさを感じ、問い合わせの段階である程度決めていたとおっしゃっていただきました。そのため、お問い合わせから短期間での納品をさせていただけました。

防犯設備機器の導入イメージ

【分譲マンション】ハイビジョン暗視防犯カメラシステムの防犯設備導入図面

導入機器の詳細と参考コスト

今後導入をご検討されている
方々へのメッセージ

アパートやマンションなどの駐車場や駐輪場への無断駐停車などは、気付かないところで行われているケースが多くあります。

こういった場合の迷惑度合いは非常に大きく、住人の方の車の出入りができなくなるなど、生活に支障をきたすことになってしまいます。

特に夜間などは管理が難しい面もありますので、夜間でも鮮明に録画できるカメラで迷惑行為の証拠映像を撮影し、悪質な場合は警察に提出し注意を行ってもらうことが重要です。

また、防犯カメラが設置されていることで、迷惑行為の抑止効果を高めることにもつながります。

月々の参考コスト

8,000程度