無停電電源装置(UPS)

むていでんでんげんそうち

停電などにより、電源切断が起きた際にも、一定時間機器に電源供給する装置。

内蔵バッテリーの容量により、どの程度の時間バックアップできるかが決まる。

対応できる停電時間は数分~30分ほどのものが多い為、計画停電などの長時間電源切断には対応できないことが多い。

落雷による瞬時電圧低下の際にも精密機器に電源を供給し、ハードウェア障害やデータの損失を防ぐ目的であることが多い。

無停電電源装置(UPS)に関連する言葉

  • 商用電源

    電力会社から電力消費者に届けられる電力や、電力を電力消費者に供給するための設備をさす。 電力が商取引されていることから「商用」の名称がついており、電力利用者が商売に使用するものという意味ではない。 一般的には交流電源(A … 続きを読む

  • リードスイッチ

    磁力の有無を電気接点のON/OFFに変換するスイッチ。 弾性のある2枚の金属が互い違いに隙間を空けて配置されており、磁力が働くと2枚の金属の先端がくっつく。磁力を消去すれば、2枚の金属は弾性により、元の隙間が空いた状態に … 続きを読む

  • 鉛蓄電池

    充放電可能な二次電池の一種。 原材料の鉛が安価で、比較的高い電圧を出すことができ、安定していることから、世界第一位の生産量になっている。 自動車のバッテリーに使用されることが多く、非鉄金属の転売狙いの泥棒に狙われることが … 続きを読む

  • 予備電源

    侵入者によるブレーカー落としや停電など、1次供給電源(商用電源)が停止した場合、のセキュリティ用バッテリーのこと。非常用電源ともいう。 センサーや威嚇機器の電源は、予備電源を持つセキュリティ用電源装置を使用するため、ブレ … 続きを読む

  • 過電流遮断機

    電線に流れる電流が何らかの理由で許容値を超えた時、機器が損傷しない様に自動的に電流を止める装置の事。 具体的にはヒューズや配線用遮断器(ブレーカー)などを指す。 防犯カメラの場合は、落雷やショートしたときに、許容値を超え … 続きを読む