対象物の強化

たいしょうぶつのきょうか

都市や建物の構造や環境を犯罪が起きにくいするものにする「防犯まちづくり」で利用されている、「防犯環境設計」の考え方のひとつ。

防犯環境設計は「自然監視性の確保」「領域性の強化」「接近の制御」 「対象の強化」の4つの考え方で構成されている。

対象物の強化とは、侵入に対抗するために窓ガラスを防犯ガラスにする、鍵を1ロックから2ロックにする、侵入警報設備を設置するなど、物理的に犯罪への抵抗力を強化する事。

「接近の制御」と「対象物の強化」の違いは「防犯対象物を取り巻く環境を、犯罪者が近づきにくい雰囲気にすること」と「防犯対象物に触れない様に、物理的にガードする事」で、範囲と積極性が異なる。

たとえば、公道でのひったくり対策を例に挙げると、歩道と車道の間に植栽や柵を作ることで、バイクで近寄ろうとするひったくり犯がにターゲットに近づきにくくなる。これが「接近の制御」で、自転車のかごにカバーを付けることで、中のカバンをひったくり犯が取り出せないようにガードする。これが「対象物の強化」にあたる。

対象物の強化に関連する言葉

  • 機械警備

    警備員・守衛や用務員を置かず、警備対象施設にセンサーを設置して建造物侵入や火災等の異常を機械で察知し、警備員が現場へ急行し初期対応をとる形態の警備業務のことを指す。 法的には、警備業法第2条第5項「警備業務用機械装置(セ … 続きを読む

  • 接近の制御

    都市や建物の構造や環境を犯罪が起きにくいするものにする「防犯まちづくり」で利用されている、「防犯環境設計」の考え方のひとつ。 防犯環境設計は「自然監視性の確保」「領域性の強化」「接近の制御」 「対象の強化」で構成されてい … 続きを読む

  • いかのおすし(標語)

    子どもが犯罪に遭わないために、警視庁が作った標語。 いか いかない(知らない人についていかない) の のらない(知らない人の車にのらない) お おお声を出す す すぐ逃げる し しらせる(何かあったらすぐ知らせる) この … 続きを読む

  • 地域安全活動

    地域での犯罪や災害など、安全な生活を脅かすものを防ぐ為の活動。 自治体、地域住民、警察が連携して行う。 具体的には、徒歩による安全パトロール、青パトによる見回り、地域の環境浄化活動(きれいな街は犯罪が発生しにくい)、防犯 … 続きを読む

  • 面格子

    面格子(めんごうし)は、窓からの侵入者を防ぐために窓の外側に設置する格子状の部材のこと。 キッチンやトイレ、浴室といった水まわりの窓など、死角になりやすい、北側の窓などに取り付けられることが多い。 素材には、アルミ、ステ … 続きを読む