防犯用語辞典

Glossary

面格子

めんごうし

面格子(めんごうし)は、窓からの侵入者を防ぐために窓の外側に設置する格子状の部材のこと。

キッチンやトイレ、浴室といった水まわりの窓など、死角になりやすい、北側の窓などに取り付けられることが多い。

素材には、アルミ、ステンレスなどが使われ、デザインは、縦格子や横格子、縦横の井桁タイプ、斜めにバーを渡し交差させたヒシクロスタイプなどがある。

防犯用につけることがほとんどだが、防犯性能は一般的には高くない。

面格子を取り付ける際は、長いネジを用いてしっかりと下地材に固定し、ネジの頭をつぶして接着剤などで固定することで泥棒に外されにくくはなる。

容易に取外すことができないワンウェイねじを使用したり、一般的な工具では外すことができないようにしたもの、壁ではなくアルミの枠に金具で取付けるもの、窓サッシと一体化して防犯性を高めたタイプもある。

防犯性能の高い面格子を選ぶための基準としては、CPマーク(「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」による防犯基準にクリアした製品にはCPマークが付けられる)がついている物の方が防犯性能は高い。

面格子に関連する言葉

  • 地域安全活動

    地域での犯罪や災害など、安全な生活を脅かすものを防ぐ為の活動。 自治体、地域住民、警察が連携して行う。 具体的には、徒歩による安全パトロール、青パトによる見回り、地域の環境浄化活動(きれいな街は犯罪が発生しにくい)、防犯 … 続きを読む

  • 機械警備

    警備員・守衛や用務員を置かず、警備対象施設にセンサーを設置して建造物侵入や火災等の異常を機械で察知し、警備員が現場へ急行し初期対応をとる形態の警備業務のことを指す。 法的には、警備業法第2条第5項「警備業務用機械装置(セ … 続きを読む

  • 接近の制御

    都市や建物の構造や環境を犯罪が起きにくいするものにする「防犯まちづくり」で利用されている、「防犯環境設計」の考え方のひとつ。 防犯環境設計は「自然監視性の確保」「領域性の強化」「接近の制御」 「対象の強化」で構成されてい … 続きを読む

  • いかのおすし(標語)

    子どもが犯罪に遭わないために、警視庁が作った標語。 いか いかない(知らない人についていかない) の のらない(知らない人の車にのらない) お おお声を出す す すぐ逃げる し しらせる(何かあったらすぐ知らせる) この … 続きを読む

  • 対象物の強化

    都市や建物の構造や環境を犯罪が起きにくいするものにする「防犯まちづくり」で利用されている、「防犯環境設計」の考え方のひとつ。 防犯環境設計は「自然監視性の確保」「領域性の強化」「接近の制御」 「対象の強化」の4つの考え方 … 続きを読む