全方位カメラ

ぜんほういかめら

超広角魚眼レンズを搭載し、カメラ1台で360度の撮影ができるカメラ。

通常のカメラが広角90度ほどの撮影範囲なので、全方位カメラは1台で4台分の撮影範囲をカバーできる。

魚眼レンズは360度撮影した映像が真円で表現されるため、画面の中心から画面の端へ行くほど、実像より大きく湾曲したゆがみが出る。

その場合は物の正しい形を見る、というよりは、大まかな人の動きを見る、などの用途に使用することが多い。

360度の円形映像だけでなく、180度2分割映像や90度4分割映像にライブ映像も録画映像も切り替えることができ、分割すればするほど歪みが少なくなる。

また、分割すればするほど解像度も分割され、たとえば200万画素の全方位カメラの場合、360度表示の時は200万画素、180度2分割画面では100万画素ずつ、90度4分割画面では50万画素ずつになる。

全方位カメラに関連する言葉

  • AHDカメラ

    AHD(Analog High Definition)カメラはアナログハイビジョンカメラの事で、従来のアナログカメラの配線と同じ、同軸ケーブル配線で高画質を実現したもの。 ver.1.0(1280×720ピクセル/HD画 … 続きを読む

  • ダミーカメラ

    防犯カメラの代わりに泥棒の侵入を抑止するための、偽物の防犯カメラ。 防犯カメラとは違い、映像撮影機能はない。 屋内用・屋外用、BOX型、ドーム型など、本物の防犯カメラ同様に多数の種類があり、設置場所に応じて最もふさわしい … 続きを読む

  • 2WAYカメラ

    防犯カメラには、映像線と電源線の2本の配線が必要な「電源別送式」と、映像と電源を1本の配線で送信する「電源重畳式」の2種に分別される。 2WAYカメラは、電源別送式としても電源重畳式としても使えるカメラの事。 長距離配線 … 続きを読む

  • ピンホールカメラ

    監視カメラにおける「ピンホールカメラ」はカメラのレンズ部分が針の孔(ピン・ホール)くらいの大きさになっていてレンズ部が目立たないカメラの事。 カメラのサイズ自体も小型になっていることが多く、カメラが設置してあることを目立 … 続きを読む

  • ボックス型カメラ

    防犯カメラの形状の一つ。 箱型の本体の先端部にレンズを付けたもの。 防犯カメラであることが一目で分かり、どこを向いているかが分かる為、「監視している」というプレッシャーを犯罪者に与えることができる。 店舗のレジ前や店内の … 続きを読む