Microsoft Edge

まいくろそふと えっじ

パソコン向けOS「ウィンドウズ10」でインターネットエクスプローラーに代わる新たなウェブブラウザーとして組み込まれた。

Edge(以下エッジ)はインターネットエクスプローラー(以下IE)とは全く異なるコンセプトで開発されており、国際標準に準拠した技術や機能を全面的に採用した。

IEとは異なり「ActiveX」といったマイクロソフトの独自仕様はサポートしない。

企業の業務用アプリケーションの多くはIEでの使用を前提にしたActiveXを必要とするものが多い為、そういった業務用アプリケーションはエッジでは動作しない。

その為ウィンドウズ10ではエッジの他にIE11を搭載している。 IEは今回の「IE 11」が最終版で、今後、機能強化はされず、徐々にエッジへとシフトすることになる。 その為、企業はウィンドウズ10への移行、エッジへの移行が進んで行く中で、社内システムのEdge対応も併せて考える必要がある。

防犯カメラのPCでの遠隔監視もIEでのActiveX使用が前提となっていることが多く、今回へのエッジへのシフトが進む中で、ブラウザではなくActiveXを使用しないアプリケーションでの遠隔監視や、エッジでの遠隔監視が推進されてきている。

Microsoft Edgeに関連する言葉

  • RAID

    複数のハードディスクを使って、壊れにくい記憶領域を作る事。 具体的には複数のハードディスクに同時に同じデータを記録することで、どれか一つのハードディスクが故障してもデータの損失がないようにすること(RAID1=ミラーリン … 続きを読む

  • ユーザーアカウント

    機器が利用者を識別するための標識となる文字列。 ユーザーIDとパスワードの2つで構成されることが多い。 同一の機種でもユーザーアカウント別に使用できるサービスが分けられていることもある。 他人にユーザーアカウントを使用さ … 続きを読む

  • ミラーリング機能

    防犯カメラの録画装置内に偶数基のハードディスク(通常は2基)を搭載し、同時に録画するリスク回避機能。 2基のうちどちらかのハードディスクが故障しても、同様のデータがもう1基のハードディスクに残る為、故障による証拠映像の消 … 続きを読む

  • USBフラッシュメモリ

    USBフラッシュメモリとは、コンピュータなどのUSB端子に差し込んで使用する、フラッシュメモリを内蔵した小型の外部記憶装置のこと。 機器への抜き差しが容易かつ、小型で持ち運びにも便利なメディアとして、パソコンなどのコンピ … 続きを読む

  • デフォルトゲートウェイ

    パソコンやネットワークカメラなどのネットワーク機器が、所属するネットワークの外部にアクセスする際に使用する、出入口となる機器。 一般的にはルーターがそのネットワークのデフォルトゲートウェイになる。 ゲートウェイ(玄関)の … 続きを読む