防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【福島県】タイヤ窃盗70件以上

2019.08.16 金曜日

【アパートや倉庫からタイヤ盗み転売】

 

2019年8月13日、タイヤを盗んだとして福島署は盗みの疑いで住所不定無職男(43)を再逮捕した。

 

容疑者は「70件以上やった」などと供述しており、同署が裏付けを進めている。

 

再逮捕容疑は、7月上旬ごろ、福島市のアパートの軒下から、50代の男性が所有するアルミホイール付きタイヤ4本(3万円相当)を盗んだ疑い。

 

同署によると、容疑者は「車で各地を回り、アパートや倉庫など70カ所以上に入った。タイヤはリサイクルショップに売り、生活費やガソリン代に使った」などと供述しているという。

 

同署は、同日までに、リサイクルショップなどからタイヤやホイールなど140点以上を押収した。

 

 

【泥棒の狙う場所】

 

 

上記の事件では、泥棒は「アパートや倉庫」としており、恐らくタイヤが積んである場所を見つけると、手あたり次第盗んでいたものと思われます。

 

盗んだタイヤやホイールはリサイクルショップに転売し、そのお金をガソリン代や生活費に充てていたとのこと。

 

この泥棒は、大量のタイヤを一度に盗み出し、多額の現金を稼ごうとしていたわけではなさそうな雰囲気がします。

 

1回当たりの犯行で数千円~数万円、タイヤの本数で言うと数本のタイヤを繰り返し盗み、換金していた様相で、そのことからすると、「盗みやすい所から盗む」といった事を重要視していた可能性があります。

 

CIMG1965

 

昨今の車泥棒やパーツ泥棒は、アパートや個人宅を狙う傾向が強く、防犯対策がされていない、手薄な物件を狙う傾向があります。

 

タイヤは外から見える場所には置かない、防犯カメラやセンサライトで防犯意識を泥棒にアピールする事で、被害に遭う確率を大幅に低減させることができます。

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】