防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【福井県】小学校女子児童の持ち物多数窃盗事件

2020.02.18 火曜日

【リコーダーや体操服、写真まで盗難】

2020年2月、福井県内の小学校で女子児童のリコーダー数十本と写真などが盗まれるという事件が起きた。

被害のあった学校では、半年ほど前にも女子のリコーダーや体操服などが盗まれており、福井県警では二つの事件の関連性を含めて捜査を行っている。

10日の朝に出勤した教諭が被害に気付き、県警に被害を報告した。

学校側は12日の夜に緊急保護者会を開き、事件の概要の説明を行ったが、保護者からは2度目ということもあり、学校側の防犯対策を疑問視する声などがあがっている。

|福井新聞より引用|

【防犯対策の見直しと意識の変化が重要】

約20年ほど前に起きた小学校での無差別殺傷事件以降、全国の学校で防犯に対する意識は高まりました。

しかし、時間の経過とともに防犯意識が低下してしまうと、子供たちの安全を守ることができなくなってしまいます。

今回の事件のように、複数回の犯行を許してしまうと、保護者から学校側へ対する信頼が薄れて来てしまいますので、今一度、防犯についての見直しや対策を講じることが求められるでしょう。

防犯カメラ

校内での窃盗事件に対しては防犯カメラの設置が最も効果的です。防犯カメラがあることで犯行の抑止を行うことができるうえ、もし、侵入や窃盗が起きた場合でも証拠の映像を残すことができます。

夜間の防犯対策には、センサー等の設置を行うことで侵入者を検知したらライトや警報により、撃退を行うようなセキュリティシステムが非常に有効です。

警備会社によるセキュリティ対策の場合、センサーが反応してから駆け付けるため、その間に侵入者に時間を与えてしまうことになります。素早く撃退するという点においては防犯機器によるセキュリティ対策の方がより効果的です。

防犯に対する意識を見直し、子供たちが安心・安全に通える環境づくりを行うことで、学校の信用や評価を高めることができるでしょう。

お薦めの防犯機器

  • 日本防犯設備が自信をもってお勧めする「Fシリーズ」
    243万画素AHD赤外線ドームカメラ

    • フルHD画質、243万画素の高解像度撮影。
    • 赤外線照射距離約20mで夜間も鮮明に撮影。
    • 逆光に強いWDR機能搭載。
    • スマートな外観で設置場所の雰囲気を壊さない。
    243万画素AHD赤外線ドームカメラ
  • 人体の確実な検知と小動物非検知性能を両立
    熱線センサー

    • 屋内用立体警戒方式の熱線センサー。
    • 信頼性の高い高精度センサー。
    • 立体警戒方式により、侵入者がかわすことのできない警戒エリアを作り上げ、侵入者以外の小動物などは検知しない。
    熱線センサー
  • 200万画素フルHDでの録画に対応したハイエンド録画装置
    フルHD対応AHD録画装置

    • H.264圧縮により、200万画素高解像度、長時間録画可能。
    • PC・スマートフォン・タブレット遠隔監視対応。
    • HDMIケーブルで高精細モニター出力。
    • CMS機能で複数拠点を一括管理。
    フルHD対応AHD録画装置

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

【関連する防犯情報】