防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【東京都】内部事情知る元従業員が多店舗で犯行

2019.11.26 火曜日

【現金入手方法知る元従業員による犯行】

 

2019年10月15日未明、東京・町田市にある有名ステーキ店に40代の元従業員の男性がドアをこじ開け侵入。

 

金庫にあった現金約30万円相当を盗んだ疑いで逮捕されている。

 

容疑者の男性は以前、被害にあったチェーン店で勤務していたことがあり、金庫を開けるためのカードキーの入手方法を把握していたと思われる。

 

警視庁の調べによると、これまでに同チェーン店の8店舗でも同様の手口で現金を盗んだ疑いがあり、余罪を追及している。

 

|フジテレビ系(FNN)より引用|

 

【チェーン店に生まれる防犯の穴】

 

飲食店において元従業員による侵入窃盗被害は思いのほか多くあります。

 

元従業員となると金庫の施錠・解錠方法やどの程度のお金が入っているか、店舗が無人になる時間帯はいつかということを熟知していることがあり、犯行が行われやすくなっています。

 

今回の場合のようにチェーン店などでは店舗内の構造やセキュリティ体制が共通していることが多く、そこに生じた防犯の穴を突かれる形で複数店舗で被害が発生してしまいました。

 

防犯カメラ

 

こういった元従業員による犯行に対して、防犯カメラの設置は非常に効果を発揮します。

 

防犯カメラがあることで犯行に及ぼうとしても悪事の発覚が容易に予測され、抑止効果が生まれることがあります。出入口と現金保管場所付近に設置すると効果的です。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】