防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

盗難ランキングでランドクルーザーが2回連続ワースト1位

2021.03.19 金曜日

【盗難被害は特定車種に集中傾向】

一般社団法人日本損害保険協会が「第22回自動車盗難事故実態調査」を発表。

同協会では2000年度から自動車盗難防止対策の一環として、自動車本体盗難事故や車上ねらい事故の実態調査を実施、今回が22回目の調査で結果は下記のようになった。

1位 ランドクルーザー(トヨタ)
2位 プリウス(トヨタ)、LX(レクサス)
4位 LS(レクサス)
5位 クラウン(トヨタ)
6位 アルファード(トヨタ)、IS(レクサス)、RX(レクサス)
9位 ハリアー(トヨタ)、スカイライン(日産)
11位 ヴェルファイア(トヨタ)、ハイエース(トヨタ)、マーク(トヨタ)

車両本体盗難被害において、ランドクルーザーが前回に続き連続でワースト1位となった他、ワースト13車種合計の36.1%をレクサスが、プリウスは3回連続で2位となるなど、盗難の被害が特定の車種に集中する傾向が続いている。

自動車盗難認知件数は、2003年の64,223件をピークに減少傾向となっており、2020年は年間5,210件となっているとのこと。

|一般社団法人日本損害保険協会より引用|

【車両盗難の傾向と対策について】

自動車の盗難認知件数は年々減少傾向にあるとのことですが、スマートキーの電波を悪用した「リレーアタック」などの手口も横行しており、決して油断のできる状況ではありません。

特に人気の車種であるランドクルーザーやプリウス、レクサスの盗難被害は数多く報告されていることからも、厳重な盗難防止対策が求められている状況です。

盗難ランキングでランドクルーザーが2回連続ワースト1位に

同協会が発表した「車両本体盗難の発生時間帯」によると「22時から翌9時」までの深夜~朝の時間帯が最も多く盗難被害が発生している時間帯とのことで、夜間の犯行発生率が高くなっております。

また、盗難発生場所の割合では「屋外の契約駐車場」が最も多く、屋外の自宅駐車場を含めると全体の約8割が屋外駐車場で発生していることを示しています。

このような傾向から車両の盗難防止対策として挙げられる方法は…

・ハンドルロック・タイヤロックを行う
・警報装置などの盗難防止機器を装備する
・防犯設備が整った駐車場を利用する
・可能な限り屋内駐車場を利用する
・社内に貴重品等を置かない
・玄関付近にスマートキーを置かない
・駐車場に防犯灯や防犯カメラを設置する

上記のような対策を心がけて、車両盗難被害を未然に防ぐように対策を行ってください。

置き場や店舗・会社敷地内の駐車場などでは赤外線センサーや警報機器、サイレンといった威嚇・撃退型の防犯機器を設置することがお薦めです。

お薦めの防犯機器

  • 自由な音声メッセージ(効果音)を再生
    パトライトホーンスピーカ一体型
    音声合成回転灯

    • 回転灯による光とスピーカーからの音声両方で侵入者を威嚇
    • 最大で105dB(at1m)の音圧を達成
    • 1台で最大15メッセージ(63秒)の再生が可能
    パトライトホーンスピーカ一体型音声合成回転灯
  • 省電力、強力投光のLEDライト
    LEDパワーライト

    • 3650Lmの強力投光で侵入者を威嚇撃退
    • ビームの開き104°の広角タイプ
    • 省電力と強力投光を両立した最新の威嚇器
    • 夜間の作業用の灯りとしても使用可
    LEDパワーライト
  • 4段のハイパワービームと変調方式で安定した長距離警戒
    赤外線ビームセンサ

    • 感度余裕100倍、距離余裕10倍のハイパワー4段式ビームセンサ
    • センサー同士の干渉による誤作動防止モデル
    • 複数センサーの多段積み設置・警戒が可能
    赤外線ビームセンサ

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

【関連する防犯情報】