【大規模分譲マンション】ハイビジョン防犯カメラシステム

【大規模分譲マンション】ハイビジョン防犯カメラシステム

お客様のご意見

大規模分譲マンション管理組合様

既存のカメラが古くて映りが悪く、敷地内で小さな事件があった時も、あまり鮮明ではなく役に立たなかったので、今回は高画質カメラに入れ替えました。理事会での説明も丁寧で、映像デモもあったので安心して導入できました。

導入をされたきっかけ

こちらの管理組合さまでは、マンション建設時につけた防犯カメラが既に老朽化しており、映りも40万画素くらいのあまりよくないものだったため、総入れ替えを検討していました。

様々な提案があった中、弊社の既存のケーブルを利用し、工事コストを抑え、最新のハイビジョンカメラにするプランが採用され、導入に至りました。

防犯設備機器の導入イメージ

【大規模分譲マンション】ハイビジョン防犯カメラシステムの防犯設備導入図面

導入機器の詳細と参考コスト

今後導入をご検討されている
方々へのメッセージ

既存のカメラの入れ替えには様々な方法がありますが、配線を利用して最新のものに入れ替える方法が最もコストが抑えられ、長期間安定稼働するものです。

弊社では検討の段階で専門の防犯設備士が現地調査をし、既存の機器との互換性も調査したうえで、理事会でプレゼン、実機の映像デモをし、今までよりもコストを抑えた形でハイビジョンカメラを提案しています。

月々の参考コスト

20,000程度