防犯用語辞典

Glossary

防犯診断

ぼうはんしんだん

警察が主体となり、敷地や建物の所有者や利用者の協力の下、建物の状態や予測される被害、侵入ルートなどを調査し、防犯上の不備や欠陥を抽出し、その補強整備をすることをいう。

ただし実際は警察の方で各現場の防犯診断をすることは人員不足でできないため、防犯設備士が防犯診断をする慣習になっている。

防犯診断は(1)施主の意向を聴取(2)守るべき対象と、それを脅かす脅威を列挙し評価(3)守るべきものをとりまく環境が脅威に対抗し得る環境かどうかを確認(4)防犯設備による強化の計画、といった手順で進められる。

防犯設備による補強は導入コストがかかるものなので、直接的・間接的な被害想定額を鑑み、それに見合うコストでの防犯設備を設計していく。

防犯診断は、犯罪者の手口や思考を考慮の上、犯罪者のもっとも嫌がる環境を作り上げる必要がある為、犯罪手口の知識や機器の知識などの専門の知識が必要になる。

防犯診断に関連する言葉

  • 個人情報保護法

    「個人情報の保護に関する法律」の通称。 氏名、生年月日、性別、住所など個人を特定し得る情報を扱う企業・団体、自治体などに対して、適切な取り扱いと保護について定めた法律。 2003年に成立し、2005年4月に全面施行された … 続きを読む

  • RBSSマーク

    犯罪抑止力の向上や、犯罪発生後の対処・追跡に機能すると認められる、防犯カメラ・防犯灯・防犯用レコーダーなどの防犯機器に、公益社団法人日本防犯設備協会が適合認定・発行しているマークのこと。 RBSSは「Recognitio … 続きを読む

  • 優良防犯機器認定制度

    公益社団法人日本防犯設備協会が、防犯機器に必要な機能と性能の基準を定め、その基準に適合した機器を優良防犯機器と認定する制度。 一般の方々の安全・安心に寄与するために、優良な防犯機器の開発・普及の促進を図る自主認定制度。 … 続きを読む

  • ハム

    本来の意味は、豚肉・猪肉のもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品、または、その類似品。 英語のhamとは元々は豚のもも肉の意味であるが、豚のもも肉を用いた加工食品、さらに日本においては豚のもも肉以外(馬肉、羊肉、兎肉等さまざ … 続きを読む

  • 警備業法

    1972年に制定された、警備業について定められた法律。 警備員または警備会社が、あたかも権限があるかのように行き過ぎてしまう行為を防止し、不正に至らないようにすることを目的として定められた。 警備員は警察とは異なり、特別 … 続きを読む