ガラス破壊センサ

がらすはかいけんちき

ガラスが破壊されたことを検知するセンサ。

ガラス面に設置し、破壊を振動で検知する。

通常ガラスは、風による振動や悪意のない物の衝突などによる振動が起こり得るが、ガラス破壊センサーはガラスが割れた際に発生する特有の超音波を高感度に検知することで、誤動作を最小限にとどめている。

窓からの侵入を警戒する場合、泥棒は必ず窓ガラスの一部を破壊し、錠前を解除し窓を開けるため、「窓ガラスの破壊」「窓の開閉」でその侵入を検知することができる。

検知精度は、マグネットセンサーによる窓の開閉検知の方が格段に精度が高く、ガラス破壊センサーはその検知方法からどうしてもマグネットセンサよりも精度が落ちる。

ガラス破壊センサ本体から警報音を出せるものと、ガラス破壊センサからは検知信号だけを主装置に送信するものがある。

ガラス破壊センサに関連する言葉

  • 入退室遅延機能

    入退室の際に、警備システムの警報発動を一定時間遅らせる機能。(その隙に入退館する) 例えば退勤時、最終退勤者が警備システムをセットしてセンサーが働き始めても、退館に必要な一定時間は警報が鳴らない(遅延)。その間に最終退勤 … 続きを読む

  • CCTV

    closed-circuit television(閉回路テレビ)つまり防犯カメラシステムの事。 通常のテレビが広範囲に映像を供給するのに対し、ある建物内や施設内で映像入力装置(防犯カメラ)と映像出力装置(モニター)が有 … 続きを読む

  • 集中管理システム

    防犯カメラの遠隔監視の際に、複数拠点のカメラをPC1台の画面に一括で映し出すシステム。 例えば拠点Aにカメラ2台、拠点Bにカメラ3台、といった場合、従来は拠点Aの2台が一画面表示、拠点Bの3台は画面を切り替えて見る、とい … 続きを読む

  • ローカルセキュリティ

    犯罪が起きたその現場で、即座に犯罪者を威嚇撃退するセキュリティシステム。 駆け付け警備で犯罪を防げなくなってきたことから開発が進んだ。 検知・制御通報・威嚇の要素で組み上げられるシステム。 センサーで敷地や建物への侵入を … 続きを読む

  • 煙探知機

    火災などによって発生した煙を検知する機器。 煙は火災の初期段階で発生するため、煙での火災検知は初期消火に役立つ。 感知器の内部に煙が入ると、煙探知機が出力している微弱な光が、煙の粒子にあたって機器内で乱反射するので、それ … 続きを読む