防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【石川県】コシヒカリ約4トンを窃盗・転売事件

2020.02.06 木曜日

【従業員による米の窃盗・転売】

2020年1月28日、石川県内の米仲卸店からコシヒカリ約4トンを盗んだとして、同県内在住の30代男性2名を逮捕した。

事件は昨年11月11日から22日ごろにかけて、容疑者の男性が勤務する米仲卸店からコシヒカリ126袋、約93万円相当を盗んだものと見られている。

石川県警の調べに対し容疑者の2人は容疑を認め、数えきれないくらいの回数にわたり窃盗を繰り返し、県内の米店に転売をしていたと供述。

被害に遭った店では昨年の6月以降、数十トンもの米が無くなっているとのことで、余罪についても厳しい追及が行われている。

|毎日新聞より引用|

【意外と多い米を狙った窃盗】

米を狙った窃盗は意外と毎年発生しています。

犯行の手口として多いのが、人の気配が無くなる夜間に店舗へ侵入して大量に盗み出し、それを転売するというパターンです。

外部の人間による犯行の場合は、倉庫の出入口をバールでこじ開けて侵入する形が多いが、今回の事件は従業員による内部犯行ということで、内情をよく把握していた計画的な犯行だったと言えます。

内部不正による犯行は防ぐことが難しい面があるため、防犯カメラを設置してしっかり対策を行うことが重要になります。

防犯カメラ

防犯カメラの設置を行う場合は、夜間の映像が鮮明に録画される高画質なものを用意しましょう。また、動作検知センサーと組み合わせて、夜間に人の侵入があった場合、警報を鳴らすといったセキュリティ対策を行うのも効果的です。

せっかく高い費用を払って防犯カメラを設置しても、画質が悪く鮮明に映らないものでは証拠として役に立たないので大損になってしまいます。

防犯カメラを選ぶときは専門のプロとよく相談をして、可能であれば実際のカメラ映像・画質を見てから判断をすることをお薦めします。

お薦めの防犯機器

  • 日本防犯設備が自信をもってお勧めする「Fシリーズ」
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ

    • 耐衝撃性能・夜間暗視性能を備えた優れた防犯カメラ。
    • 赤外線投光器搭載、真っ暗闇でも鮮明な撮影が可能。
    • 耐衝撃性能により、侵入者の破壊行為にも強い。
    • 200万画素のフルハイビジョン映像で撮影が可能。
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ
  • 人体の確実な検知と小動物非検知性能を両立
    熱線センサー

    • 屋内用立体警戒方式の熱線センサー。
    • 信頼性の高い高精度センサー。
    • 立体警戒方式により、侵入者がかわすことのできない警戒エリアを作り上げ、侵入者以外の小動物などは検知しない。
    熱線センサー
  • 圧倒的な高精細描写
    H.265ハイブリッド録画装置

    • 様々な信号方式の防犯カメラ4を混在で4台まで接続可能。
    • データ量の大きい高画質映像でも長時間高画質録画が可能。
    • PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視に対応。
    • 防犯にもマネージメントにも活用できるハイエンド機。
    H.265ハイブリッド録画装置

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

【関連する防犯情報】