防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

防犯カメラ設置の際は近隣トラブルに要注意

2021.03.31 水曜日

【防犯カメラとプライバシーの問題】

近年、防犯カメラの普及は飛躍的に伸び、業務用のものから家庭用のものまで、手軽に取り付けられる時代になりました。

防犯カメラ設置でよくあるトラブルとして、近隣住民の間で巡るプライバシーの問題です。

カメラが向いている方向に住んでいる住民の方は、行動を監視されているような感覚になり、疑心暗鬼に陥ってしまうことにもなりかねません。

このようなことがキッカケとなり、近隣住民同士の間に不穏な空気が流れてしまうなんてこともあるかと思われます。

では、こうした近隣トラブルにならないためには、どうすればいいのでしょうか?

【防犯カメラの使用目的を明確化にする】

防犯カメラ設置の目的は「防犯対策」です。

敷地内への不審者の侵入防止、自宅駐車場の車両盗難の防止や、ゴミの不法投棄の防止、犬の糞害防止といったことを目的に設置されていることが主な設置目的になります。

防犯カメラ設置の際は近隣トラブルに要注意

そのため、防犯カメラの持ち主はトラブルを回避するためにも、設置の理由や使用目的を明確化することが非常に重要になります。

自宅の敷地内の目立つところに防犯カメラによる監視が行われていることと、防犯対策としての使用以外に悪用しない旨を記した看板の掲示を行うことをお薦めします。

可能であるならば、防犯カメラ設置の際に隣近所の住人にきちんと使用目的などの説明を行うことで、周囲の方々の心配を取り除くことができますので、事前に説明をしておくと良いでしょう。

防犯カメラには、プライバシー保護のための「マスキング機能」というものもございます。

所有者の専有部分以外の範囲を黒く塗りつぶし、他人のプライバシーに関わる部分を写さないようにすることができます。

このマスキング機能は防犯カメラ設置・設定の際に、防犯設備士が的確にアドバイスを行いながら他人のプライバシーを侵害しないように処理を致します。

プライバシーに関する問題はとてもデリケートなものになりますので、事前に使用目的を明確化し、近隣住民の方とのトラブルを回避することで、安心・安全な生活ができるようにしていただきたと思います。

お薦めの防犯機器

  • 日本防犯設備が自信をもってお勧めする「Fシリーズ」
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ

    • 総画素数200万画素のフルHDカメラ。
    • 3軸調整により壁面設置も天井吊り下げも可能。
    • 侵入者の破壊行為にも耐える耐衝撃性能。
    • 赤外線照射で夜間も鮮明に撮影。
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ
  • 圧倒的な高精細描写のH.265ハイブリッド録画装置
    H.265ハイブリッド録画装置

    • H.265圧縮により、超高画質・長時間録画が可能
    • PC・スマートフォン・タブレット遠隔監視対応
    • HDMIケーブルで高精細モニター出力
    • CMS機能で複数拠点を一括管理
    H.265ハイブリッド録画装置
  • スリムで、軽量・コンパクトなLEDセンサライト
    LEDセンサライト二灯タイプ

    • 周囲の明るさを判別する、昼夜判別機能(明るさセンサ)を装備。
    • 定格光束:860 lm、消費電力最大22W、小さいボディでも860lmの明るさを実現
    • 約2.5台分の駐車スペースをカバー
    • 明るさの変化により周囲の目が集まることで犯罪行為の抑止効果が期待できます。
    LEDセンサライト二灯タイプ

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

【関連する防犯情報】