防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

遠隔監視システムについて|防犯カメラの日本防犯設備

2014.02.14 金曜日

【防犯カメラの遠隔監視機能】

 

ここ数年で防犯カメラシステムは単なる映像記録システムから進化し、世界中どこからでもインターネットを通じてアクセス・操作することができる遠隔監視システムになりました。

 

遠隔監視システムの機能・特徴には以下のようなものがあります。

 

①世界中どこからでもPCでアクセスしカメラ映像を見ることができる。

 

②世界中どこからでもPCでアクセスし、録画されているデータを再生・ダウンロードできる。

 

③世界中どこからでもカメラの上下左右首振り操作、ズームイン、ズームアウト操作(PTZ操作)ができる。

 

④世界中どこからでもPCでアクセスし、現地の音声を聴くことができる。PCマイクでしゃべったことを現地で出力できる。

 

⑤上記①~④をスマートフォンやタブレットで行える

 

⑥1台のPCで複数拠点の遠隔監視システムを一括画面で統合、集中管理できる。

 

⑦世界中どこからでもPCでアクセスし、現地カメラシステムの設定をある程度変更することができる。

 

【遠隔監視の活用法】

 

このような遠隔監視の機能を利用することで、今までの防犯カメラシステム(防犯のために録画するシステム)とは違う以下のような利用方法や価値が出てきます。

 

ⅰ マネージメントに利用

 →現地訪問なしで現場の様子が分かる 手間と時間と移動コストのカット

 

ⅱ 経営効率化に利用

 →本部から各店舗のお客様の入り具合、商品の出具合、混雑時間帯の把握を一括で出来る。人材配置・発注などを効率化できる。

 

ⅲ コミュニケーションに利用

 →留守中の子供や老人、ペットの様子を見れる。会話もできる。

 

上記の機能や活用方法はすでに実装・実用化され、利用している方が急増しています。

 

遠隔監視システムはデジタル信号を使用することや、ネットワークを利用する、といった特徴があり、その特徴により従来のカメラとは違った進化が今後も急速に進んでいくことになります。

遠隔監視

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】