設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【北海道】アカウントの不正作成6万件

2018.11.02 金曜日

【フリーマーケットアカウントの転売】

 

2018年10月30日、北海道警はフリーマーケットアプリのアカウントを不正に作成して売ったとして、三重県自営業男(49)とアルバイト従業員男(26)を私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで逮捕した。

 

少なくともアカウント6万個を不正作成したとみて調べている。

 

逮捕容疑は2018年2月6~7日、フリーマーケットアプリの規約に違反し、アカウント17個を不正に取得しようとして携帯電話番号などの情報をサーバーに記録させた疑い。

 

北海道警によると、1個当たり1,000円から1,500円で販売しており、2017年1月~2018年3月に約8,500万円を売り上げたとみて裏付けを進める。

 

アカウントは偽ブランド品の出品などに悪用されていた。

 

容疑者は携帯電話の通信に必要なSIMカードを大量に購入。

 

複数のアルバイトが偽の名前や住所を使い、SIMカード1枚で数種類のアプリのアカウントを作成していた。

 

北海道警は容疑者の会社からSIMカード約8000枚を押収した。

 

北海道警のサイバーパトロールで、偽ブランド品がアプリで売られているのを発見。

 

出品者のアカウントを調べる過程で容疑が浮上した。

 

 

【アカウントの転売で起きる事】

 

上記の事件では、携帯電話のSIMカードを格安で大量に入手し、それを利用する事で人気のフリーマーケットアプリのアカウントを大量に取得し、転売するといった不正が行われていました。

 

通常は携帯電話1つでアカウントは1つのみ取得となり、1人1アカウントが基本となることろを、SIMカードを使い分け、偽の住所や氏名を使用する事で多人数になりすまし、アカウントを大量に不正取得しています。

 

容疑者はそのアカウントを転売し利益を上げていたとのことですが、アカウントの不正取得が6万件、売り上げが8,500万円という所から、不正取得したアカウントの需要は相当高かったことが分かります。

 

転売されたアカウントは偽ブランド品の販売者が利用していたとのことですが、その他にもフリーマーケットアプリで盗品を売りさばこうとする犯罪者にも利用されていたことが予測されます。

 

aki

 

 

なぜ偽ブランド品の販売者や盗品の転売などの犯罪者がフリーマーケットアプリを利用するかというと、このように偽の住所・氏名で作成されたアカウントで有れば、アシがつきにくい、といったところに理由があります。

 

フリマアプリにはアカウント作成時の本人確認が厳密ではない(身分証の提示義務がない等)ところが多く、そのアカウント作成の手軽さがアプリ運営側からすれば、「商売繁盛の秘訣」となっている為、なかなか本人確認の徹底がされていない状況です。

 

おそらく今回の事件のような不正アカウントの販売業者は全国にまだまだおり、そのことは確実に犯罪の助長をしています。

 

現在全国で起きている、大量万引きや工具の窃盗、自動車部品の窃盗、車上荒らしなどは、ネットでの転売を目的としている事が多く、その転売はオークションサイトやフリーマーケットアプリで行われています。

 

本来、中古品を扱う古物商は警察経由で公安委員会に申請し、古物商許可を取らなければならず、古物商は中古品を買い取る際に売り手の本人確認をしなければならない、といった、いわば盗品の流通を遮断する措置が取られていたにもかかわらず、こういったアカウントの不正取得で盗品の流通経路が確保されてしまう事には違和感を感じざるを得ません。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ