防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【東京都】ハンマーで車のガラスを割る様子が防犯カメラに

2020.07.06 月曜日

【防犯カメラに犯行の証拠が記録】

2020年6月30日、東京都八王子市のパチンコ店駐車場で乗用車の窓ガラスを割り、車内からゴルフクラブなど33万5,000円相当を盗んだ疑いで、30代の男が逮捕された。

警視庁の調べによると、容疑者の男がハンマーのようなもので被害車両の窓ガラスを割る姿が防犯カメラに映っていたとのこと。

取り調べに対し「借金があり、返済のためやった」と容疑を認めている。

犯行のあった現場周辺では、6月から似たような手口による窃盗被害が十数件起きており、現在余罪についても調べが続いている。

|テレ朝newsより引用|

【夜の暗闇でも証拠を逃さず記録】

車の中から金品を奪う、いわゆる「車上荒らし」犯は常に犯行可能な対象車両を狙っています。

車上荒らしを防ぐにはまずはどのような場面でも施錠をしっかりと行う事です。次に車内に金目の物を残しておかない事が重要になります。
金目のものが窃盗犯の目に留まってしまうと、狙いを付けられて被害に遭ってしまう危険性があります。

暗闇でも鮮明に映像を記録する防犯カメラ

車上荒らしは人通りが少なくなり、闇夜に紛れることができる場所・時間に犯行が行われる傾向があります。夜間はもちろん日中の立体駐車場や地下駐車場など、薄暗い場所などはくれぐれも注意が必要です。

そのような場所には防犯カメラを設置することで、万が一被害に遭ってしまっても、証拠の映像を残すことができます。
近年では暗闇でも赤外線照射により、人の表情がハッキリと分かるくらい高鮮明な映像で映し出すことができますので「暗闇だから犯行がしやすい」「防犯カメラに映されても暗くてバレない」という概念を覆します。

また、防犯カメラだけでなく、光や音を発するセキュリティ機器を取り付けることで、被害に遭う前に威嚇・撃退・通報を行うことができます。

お薦めの防犯機器

  • 日本防犯設備が自信をもってお勧めする「Fシリーズ」
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ

    • 総画素数200万画素のフルHDカメラ。
    • 3軸調整により壁面設置も天井吊り下げも可能。
    • 侵入者の破壊行為にも耐える耐衝撃性能。
    • 赤外線照射で夜間も鮮明に撮影。
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ
  • 圧倒的な高精細描写のH.265ハイブリッド録画装置
    H.265ハイブリッド録画装置

    • H.265圧縮により、超高画質・長時間録画が可能
    • PC・スマートフォン・タブレット遠隔監視対応
    • HDMIケーブルで高精細モニター出力
    • CMS機能で複数拠点を一括管理
    H.265ハイブリッド録画装置
  • 200万画素ハイビジョン監視
    監視用モニター21.5型

    • メガピクセル監視に最適なアスペクト比16:9モニター
    • 最大表示解像度1920×1080
    監視用モニター21.5型

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

【関連する防犯情報】