設置レポート&お客様の声

高画質屋外用遠隔監視システム【アパート】

アパートオーナー様
防犯カメラ販売イメージ

お客様のご意見

「複数回ゴミの不法投棄があり、今後イタズラなどが増えてしまうと嫌なので、防犯カメラを設置する対策を行いました。」

導入されたきっかけ

アパートの敷地内にゴミの不法投棄が複数回あり、イタズラなども含めて迷惑行為を防ぎたいとのことで、防犯カメラの導入を決められたそうです。 防犯設備士が現地調査を行い、被害があった箇所と1階全体を監視できる位置に防犯カメラの設置を行いました。 工事を行った際に配線をすべて配管の中を通してきれいに設置を行うことができたため、設置後の状況を見た依頼主様も大変喜んでいただきました。


設置イメージ

防犯カメラ設置図面
設置機器1

【200万画素TVI屋外赤外線カメラ】
・高画質カメラの中でも特にきめ細やかな画質が特徴。夜間の赤外線照射範囲も優秀。

設置機器2

【フルHD録画装置】
・高画質長時間録画。

設置機器3

【液晶モニター10.1インチ】
・設置場所を選ばない小型液晶モニター
・広視野角のワイドIPS液晶パネル採用

今後導入をご検討されている方々へのメッセージ

ゴミの不法投棄があった場合、行政や警察に通報をしても撤去を行ってくれるわけではないため、その土地の所有者が処理を行うことになります。 大型のゴミになると撤去費用などもかかりますし、撤去をしても対策を行わないと、その後も繰り返し不法投棄をされてしまうということがあります。 ゴミの不法投棄への対策として有効なのが防犯カメラの設置による抑止です。防犯カメラで見られているという認識があることで不法投棄が行われなくなります。 アパートのオーナー様など、所有する物件から離れたところに自宅がある場合、何度も見回りに来ることは非常に大変です。 日本防犯設備の遠隔監視システムは、カメラを設置する場所にインターネット回線が無くても、自宅に居ながら遠隔監視で所有物件の防犯監視ができます。

月々コスト

¥10,000程度