【事務所・駐車場】屋外ハイビジョン防犯カメラシステム

【事務所・駐車場】屋外ハイビジョン防犯カメラシステム

お客様のご意見

水産物卸売業様

敷地内の駐車場で当て逃げや不法投棄といった行為があり、トラブルの対策と防止効果のため防犯カメラを設置しました。

導入をされたきっかけ

敷地内駐車場の車両に対する当て逃げや、無断でゴミなどを投棄する被害が増えて来たことと、不審者の侵入があった際の対策として防犯カメラの設置を決められたとのことです。

駐車場の死角が生じない箇所に2台の防犯カメラを、事務所の人の出入りが多い場所に2台の防犯カメラを設置し、トラブルや被害に対する証拠録画と抑止のための対策を取られました。

ご契約にあたり「とてもしっかりとした会社で安心できた」との印象を抱いたと仰っていただけました。

また、防犯カメラ設置後に実際の映像を見て「とてもきれい」と満足をしていただけました。

防犯設備機器の導入イメージ

【事務所・駐車場】屋外ハイビジョン防犯カメラシステムの防犯設備導入図面

導入機器の詳細と参考コスト

月々の参考コスト

13,000程度

今後導入をご検討されている
方々へのメッセージ

駐車場を完備された店舗の経営をされていると、車両トラブルに見舞われることが多々あるかと思われます。

お客様同士の接触事故が起きた際も、店舗の従業員や責任者が立ち会うこともあり、場が収まらずに長期化してしまうケースなどでは、営業にも支障が出てしまう恐れもあります。

トラブルが起きてしまった際に防犯カメラがあることで、映像記録により双方が納得し、早期に場を収めることも可能になります。

また、店舗や事務所への不審者の侵入などに対しても、防犯カメラの存在によって事前に防ぐことに繋がります。