【老人ホーム】200万画素高画質モニタリングシステム

【老人ホーム】200万画素高画質モニタリングシステム

お客様のご意見

老人ホーム様

施設内の様子をヘルパーステーションで一括で見れるので、どこで何が起きているのか把握でき、不安がなくなりました。

導入をされたきっかけ

4階建ての老人ホーム様で、職員の数に対して施設の規模が大きく、どうしても目の届かないところがあり、ちょっとしたいざこざや徘徊などに非常に悩んでいらっしゃいました。

そこで、施設内の各階通路に高画質防犯カメラを設置し、ヘルパーステーションで一括でモニタリングできるようにしました。

防犯設備機器の導入イメージ

【老人ホーム】200万画素高画質モニタリングシステムの防犯設備導入図面

導入機器の詳細と参考コスト

今後導入をご検討されている
方々へのメッセージ

今回の防犯カメラシステムは、地デジハイビジョン放送と同等の200万画素高画質カメラとなっており、人相や手元の詳細など、細かいところまではっきりと監視、録画することができます。

また、夜間暗くなってもカメラのもつ高感度機能で鮮明に撮影することができます。

防犯カメラシステムを導入したことで、今まで目の届かなかった場所もヘルパーステーションに居ながら把握することができるようになり、ちょっとした異変にもすぐ気づく、きめ細やかなサービス体制ができました。

月々の参考コスト

9,000程度