【倉庫・工場】夜間侵入警戒システム

【倉庫・工場】夜間侵入警戒システム

お客様のご意見

廃棄物処理業者様

前の設備が老朽化していたので、新しくしたいと思ってたんです。

導入をされたきっかけ

産業廃棄物処理を行うこちらの会社では、工場内や駐車スペースに多数の資材や車両を置かれています。

それらを盗難から守るために以前から防犯カメラのシステムを導入していましたが、設備が老朽化し、一部カメラの映像が映らない所もあったため、最新のセキュリティシステムに切り替えて導入していただきました。

工場内には火災センサーも設置し、不審者の侵入だけではなく、万が一の火災発生にも備えます。

防犯設備機器の導入イメージ

【倉庫・工場】夜間侵入警戒システムの防犯設備導入図面

導入機器の詳細と参考コスト

月々の参考コスト

15,000程度

今後導入をご検討されている
方々へのメッセージ

経営者の皆さんが気にされているのが、作業員がいない夜間や休日の防犯対策だと思います。

特にお盆や年末年始といった長期休暇の期間は、泥棒のターゲットにされやすいのが現状です。

その対策としては、屋外用センサーを敷地の外周に設置して、不審者の侵入を感知したらサイレンや光で警告。同時に携帯電話に通知し、防犯カメラの映像を携帯電話でリアルタイムに確認しながら、即座に威嚇して撃退することが有効です。導入を検討されている方はぜひ一度ご相談ください。