【神社】遠隔操作セキュリティシステム

【神社】遠隔操作セキュリティシステム

お客様のご意見

神社神主様

近隣の神社で賽銭泥棒の被害があり、何か良い防犯対策は無いかと思い相談しました。

導入をされたきっかけ

こちらの神社では賽銭箱の裏手側から先は、関係者以外立ち入り禁止区域としているため、裏手側に人が入り込んで来た際にセンサーが反応して社務所に通知が届くようにセキュリティシステムの設置を行いました。

社務所内にモニターを設置し、防犯カメラの映像で賽銭箱付近の様子をすぐに確認することができるようにしました。

防犯設備機器の導入イメージ

【神社】遠隔操作セキュリティシステムの防犯設備導入図面

導入機器の詳細と参考コスト

月々の参考コスト

14,000程度

今後導入をご検討されている
方々へのメッセージ

神社などは不特定多数の人の出入がある場所のため、防犯対策もカメラを付けるだけなど、限られた対策になるケースが多くあります。

賽銭箱の裏や境内の奥など、関係者以外立ち入り禁止の区域を設けている場合などは、その個所を警戒区域としてセンサー等を設置することで、侵入者に対する防犯措置を取ることが可能になります。