その他周辺機器

接点入力型送信機

TXF116L

接点入力型送信機

製品説明

4周波切替対応型

  • 送信周波数を4周波に切替える事ができます。

  • 各種有線式のセンサーをワイヤレス化できる接点入力型の送信機です。

  • 電池寿命は1日100回送信で約8年。

  • 送信規制タイマーにより、発報頻度の高いセンサーを接続した場合の送信回数を制限し、電池の消耗や電波の混信を防ぐ事ができます。

選択ポイント

●電源切替機能●ワンショット送信/繰り返し送信切替機能 ●ランダム/1回送信切替機能●接点入力切替機能 ●送信機タイプ切替機能●規制送信切替機能 ●送信周波数切替機能●電池切れ報知機能 ●定期送信機能●本体タンパー

スペック表

電源電圧 専用リチウム電池CR17450E-R-2-CM2(DC3V)
電池寿命 約8年(1日100回送信、常温時)
使用周波数帯 426MHz帯
電波到達距離 約100m(見通し距離)
入力数 センサー×5、リモコン×1
警戒モード 外出警戒、在宅警戒、個別警戒
使用温度範囲 -10℃~+50℃
設置場所 屋内
質量 約100g(電池含む)

防犯設備士より解説

接点入力型送信機TXF116Lは、各種有線センサーを接続し、無線化するユニットです。
見通し100mの電波送信が可能で、専用のリチウム電池で約8年(1日100回送信、常温時)の運用が可能です。
4周波切替対応により、送信機や中継機を多数設置した時の電波混信を軽減できます。

周辺機器一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ