防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【大阪府】レジ金残さず被害回避、相次ぐ飲食店窃盗被害に注意喚起

2021.04.05 月曜日

【警察が売上金残さないよう呼び掛け】

3月31日午前5時過ぎに大阪府内のラーメン店に2人組の男が侵入する姿が、店内の防犯カメラに捉えられていた。

2人はレジ周辺を物色するも何も奪わずに立ち去って行った。

被害に遭ったラーメン店ではグループ全体で1日の売上金を店内に残さないよう、防犯対策を行っていたことで被害を回避することができたとのこと。

大阪府内では閉店後の飲食店を狙った侵入窃盗事件が相次いでおり、警察も店の売上を残さないよう注意喚起を行っている。

|ABEMA TIMESより引用|

【入られる前に追い払う防犯対策が有効】

お店が閉店し、人気が少なくなる深夜の時間帯を狙った侵入窃盗事件は全国各地で多く発生しています。

コロナ渦で飲食店を始めとした店舗経営が厳しい状況の中、売上金を盗もうとする行為は、非常に許しがたい行為です。

【大阪府】レジ金残さず被害回避、相次ぐ飲食店窃盗被害に注意喚起

今回被害にあった店舗では、グループ全体をあげての防犯対策として、店内に売上金を残さないようにしていたことで、被害を回避することができました。

店内に金品が残されてしまっていると、侵入されてしまった場合、盗み出されるのを防ぐことは非常に難しくなってきます。

窃盗犯の犯行スピードは年々早くなってきており、通報を受けて警備員や警察が駆け付けたところで、窃盗犯の姿は既にないということが往々にしてあります。

このような窃盗犯に対しては、侵入される前に防犯機器による威嚇・撃退を行うことが有効的です。

例え金品を盗まれずに済んだとしても、店内に侵入されてしまったということは非常に気持ちの悪いものです。

「入られる前に追い払う」セキュリティシステムで、窃盗犯が近づけない防犯対策をお勧め致します。

お薦めの防犯機器

  • 人体の確実な検知と小動物非検知性能を両立
    熱線センサー

    • 屋内用立体警戒方式の熱線センサー。
    • 信頼性の高い高精度センサー。
    • 立体警戒方式により、侵入者がかわすことのできない警戒エリアを作り上げ、侵入者以外の小動物などは検知しない。
    熱線センサー
  • 強力な警報音で侵入者を威嚇する警報ベル
    警報ベル

    • 強力でけたたましい音で侵入者を威嚇し、同時に周囲へ異常発生を知らせる
    • 警報ベルは、90dbのベルの強力な音(ジリジリ-)で侵入者を威嚇
    警報ベル
  • スリムで、軽量・コンパクトなLEDセンサライト
    LEDセンサライト二灯タイプ

    • 周囲の明るさを判別する、昼夜判別機能(明るさセンサ)を装備。
    • 定格光束:860 lm、消費電力最大22W、小さいボディでも860lmの明るさを実現
    • 約2.5台分の駐車スペースをカバー
    • 明るさの変化により周囲の目が集まることで犯罪行為の抑止効果が期待できます。
    LEDセンサライト二灯タイプ

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

【関連する防犯情報】