防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【岐阜県】全国各地で窃盗繰り返す犯行グループの一員逮捕

2021.01.21 木曜日

【犯行件数は全国で数百件】

2020年8月、岐阜県内のアパート駐車場から車と、車内にあった現金8万3,000円の入った財布などを盗んだ疑いで、愛知県内在住の男3人が逮捕された。

容疑者の男らは窃盗グループの一員で、愛知県を拠点に中国地方~関東にわたり、数百件にも及ぶ窃盗事件に関与していると見られている。

警察は逮捕した容疑者のうち1人が窃盗グループの中心的な存在と見て、他の仲間の行方を追及するとともに、関与した事件についても調べを続けている。

|東海テレビより引用|

【駐車場の防犯対策で資産価値を高める】

プリウス、レクサス、ランドクルーザー、ハイエース…、今もなお車の盗難被害は後を絶たない状況が続いています。

駐車場は基本的に屋外にあることが多く、共用駐車場などは防犯対策のために出入口を封鎖することも難しく、人の出入りも自由にできる環境となっているため、厳重な防犯対策が難しい場所もあるかと思われます。

管理会社や不動産オーナーの方にとっては、利用者に安心して使ってもらうために、駐車場の防犯対策で悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

【岐阜県】全国各地で窃盗繰り返す犯行グループの一員逮捕

共用駐車場の防犯対策としましては、やはり防犯カメラの設置を行うことが第一に挙げられます。
防犯カメラの設置とともに、敷地内の目立つところに「24時間監視中」といった看板を用意することで、犯行の抑止効果を生むことができます。

また、大きな警報音やアラームを鳴らす代わりに、敷地内に人の出入りを感知したらLEDライトで照らすといった防犯対策を行うことも効果的です。

照明を照らすことで、夜間を狙った窃盗犯への威嚇を行うと同時に、施設利用者に対して安全・安心を与えることに繋がりますので、不動産の資産価値を高めることができます。

お薦めの防犯機器

  • 日本防犯設備が自信をもってお勧めする「Fシリーズ」
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ

    • 総画素数200万画素のフルHDカメラ。
    • 3軸調整により壁面設置も天井吊り下げも可能。
    • 侵入者の破壊行為にも耐える耐衝撃性能。
    • 赤外線照射で夜間も鮮明に撮影。
    200万画素TVI屋外赤外線カメラ
  • 圧倒的な高精細描写のH.265ハイブリッド録画装置
    H.265ハイブリッド録画装置

    • H.265圧縮により、超高画質・長時間録画が可能
    • PC・スマートフォン・タブレット遠隔監視対応
    • HDMIケーブルで高精細モニター出力
    • CMS機能で複数拠点を一括管理
    H.265ハイブリッド録画装置
  • スリムで、軽量・コンパクトなLEDセンサライト
    LEDセンサライト二灯タイプ

    • 周囲の明るさを判別する、昼夜判別機能(明るさセンサ)を装備。
    • 定格光束:860 lm、消費電力最大22W、小さいボディでも860lmの明るさを実現
    • 約2.5台分の駐車スペースをカバー
    • 明るさの変化により周囲の目が集まることで犯罪行為の抑止効果が期待できます。
    LEDセンサライト二灯タイプ

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

【関連する防犯情報】