設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

無施錠の割合|防犯カメラの日本防犯設備

2014.08.05 火曜日

2014年8月4日、愛知県警はこの2年で県内外の民家百数十件に侵入して盗みを繰り返していたとして、名古屋市南区の男(62)を逮捕する方針を固めた。

 

手口の巧妙さや用心深さから、捜査員の間では「平成の大泥棒」と呼ばれていた。

 

愛知県警は、男がこれまで数十年に渡り、同様の犯行を繰り返していたものと見ている。

 

上記の事件のように、プロの空き巣は逮捕されても逮捕されても跡を絶ちません。

 

2014年1月20日には、捜査関係者に「平成の石川五右衛門」と呼ばれていた空き巣(600件以上、1億円あまりを盗んだとみられている)が逮捕されています。

 

統計によると、空き巣被害のうち、無施錠での被害は全国平均で45.1、地域によっては70%を超える地域もあります。

 

車両盗難も同様で、無施錠での盗難が45%を超えています。

 

空き巣

 

窃盗は窃盗犯の減少によって減るのではなく、意識と対策を正しくすることで減っていきます。

 

まずは基本的な防犯対策をしっかりすること、時間や場所の問題で対策ができない場合は、機械による防犯対策(防犯カメラやセンサー、警報ベルなど)で代用していく必要があります。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ