設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【長野県・飯田市】現役従業員による強盗事件

2018.03.30 金曜日

【従業員による強盗事件、犯人逮捕】

 

2018年1月17日、長野県飯田市で弁当店に目出し帽をかぶって押し入って女性従業員に包丁のようなものを突きつけて現金約6万5千円を奪ったとして、長野県警はこの弁当店のパート従業員男(46)を強盗容疑で逮捕した。

 

長野県警飯田署によると、男は約6年前から、被害のあった弁当店に勤務。事件後も通常通り勤務を続けていたという。

 

事件があったのは2017年11月23日も勤務日で、勤務後の午後10時50分ごろ、閉店準備中の女性従業員に包丁のようなものを突きつけるなどして脅し、現金を奪った疑いがある。調べに対し、容疑を認めているという。

 

同店の店長は取材に「勤務態度に問題はなく、信頼していた。まじめに働いていると思っていた。びっくりしている」と話した。

 

関係者への聞き込みや店内の防犯カメラの映像の解析などから容疑者が浮上したという。

 

 

【閉店作業中の強盗事件】

 

上記の事件のような、閉店作業中に強盗被害に遭う、という事例はかなり多く、通常よりも被害額が大きくなる傾向があります。

 

また、そういった強盗事件では、従業員による自作自演や元従業員による犯行であることが非常に多いようです。

 

上記の事件では被害女性は何も知らずに脅されているため、自作自演ではなく本当の強盗事件だといえますが、結局犯人は従業員でした。

 

恐らく犯人は、閉店作業中なら店内が女性従業員のみになる事を考慮の上犯行に及んでいるものと思われます。

 

店舗での強盗対策については、こういった閉店作業時を狙った従業員や元従業員による犯行も考慮の上に対策をする必要があります。

 

防犯カメラ

 

【内部不正や内部強盗対策】

 

内部不正や従業員による強盗の抑止や発見には、防犯カメラが必要不可欠となります。

 

上記の事件でも、目だし帽をかぶった従業員を撮影した防犯カメラ映像がもとになり、犯人の解明ができています。

 

犯行現場で防犯カメラがしっかり撮影できれば、目だし帽をかぶっていても犯人の特定に結びつく可能性があります。

 

現在の警察の捜査は、防犯カメラの録画映像をかなり広域にわたって確認します。

 

その為、現場の防犯カメラ映像では人相がわからなかった場合でも、逃走経路にある各防犯カメラの映像から、様々な情報をあつめることができ、多くの状況証拠をかき集めて犯人を特定します。

 

もし防犯カメラがなかった場合、犯人の特定は甚だ困難となり、今回の事件で言えば、強盗を犯した従業員を、それとは知らずに雇い続けることとなります。

 

レジや金庫付近への防犯カメラ設置は必須と言えます。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ