防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

トップページ > システムの違い【防犯・監視・セキュリティ】

システムの違い【防犯・監視・セキュリティ】

日本防犯設備では、「防犯カメラシステム」「監視カメラシステム」「セキュリティシステム」の3つのシステムを 取り扱っています。

それぞれのシステムは、目的や用途によって使い分けています。

ここでは3つのシステムの違いについて解説します。

【防犯カメラシステム】

防犯カメラを設置して、映像を鮮明に長時間録画します。
防犯カメラの犯行抑止効果により犯罪を未然に防ぎ、万が一の有事の際には 鮮明な録画映像により有力な証拠を確保し、警察に提出できます。
防犯目的の為、録画・夜間暗視・屋外設置・防水・耐衝撃などの機能が重要になります。

日本防犯設備の防犯カメラシステムつのポイント!

1.超高画質

200万画素以上のフルハイビジョン画質!
泥棒の人相も行動も鮮明に撮影します。

2.長時間録画

大容量ハードディスクで高画質長時間録画!
24時間常時録画で不正の瞬間を逃さず記録します。

3.防水・耐衝撃

屋外仕様の防水カメラ!
耐衝撃性能で侵入者の破壊攻撃も通じません。

4.夜間暗視

赤外線照射機能で、暗闇でも鮮明な撮影!
闇にまぎれて行われる不正も逃しません。

5.犯行抑止

夜間も目立つ、反射色の大型防犯カメラで犯行抑止!
泥棒が逃げ出す、頑強な外観の防犯カメラです。

防犯カメラシステム システム構成

防犯カメラシステムは録画装置(レコーダー)に有線で映像を送り、録画装置(レコーダー)内のハードディスクに録画をします。録画装置はビデオデッキのような役割を持ち、モニターで映像確認・再生ができ、インターネットに接続することでパソコンやスマートフォンでの遠隔監視にも対応します。

防犯カメラシステム おすすめ機種

【SLA-TA0671】224万画素AHD屋外赤外線カメラ

耐衝撃設計でハンマーでたたいても壊れません。
最大到達距離40mの強力赤外線照射機能。真っ暗でも鮮明な白黒映像で撮影します。
マシンフォーカス機能搭載でピントの自動修正が可能です。
頑強な見た目で抜群の犯行抑止効果を発揮します。
フルハイビジョン画質で鮮明な撮影が可能です。

【JSS650-F】243万画素AHD屋外赤外線カメラ

耐衝撃設計でハンマーでたたいても壊れません。
最大到達距離40mの強力赤外線照射機能。真っ暗でも鮮明な白黒映像で撮影します。
マシンフォーカス機能搭載でピントの自動修正が可能です。
夜間でも視認性の良い白塗装により、高い犯行抑止効果を発揮します。
フルハイビジョン画質で鮮明な撮影が可能です。

【JSS501-F】243万画素AHD耐衝撃赤外線ドームカメラ

耐衝撃設計でハンマーでたたいても壊れません。
最大到達距離40mの強力赤外線照射機能。真っ暗でも鮮明な白黒映像で撮影します。
マシンフォーカス機能搭載でピントの自動修正が可能です。
屋内にも屋外にも設置できる両用モデルの防犯カメラです。
フルハイビジョン画質で鮮明な撮影が可能です。

【JSS120-OH-F】200万画素AHD PTZドームカメラ

耐衝撃設計でハンマーでたたいても壊れません。
カメラの上下左右旋回操作可能。(360°エンドレス回転)
カメラのズーム操作可能。(光学20倍・デジタル12倍、最大240倍)
フルハイビジョン画質で鮮明な撮影が可能です。

【JSS5004H】フルハイビジョンデジタルレコーダ

最新のH.264圧縮方式で高画質・長時間録画が可能。
標準2TBハードディスク搭載の大容量録画装置。
PC、スマートフォンでの遠隔監視・操作・音声聞き取り・再生に対応。
カメラ4台用、8台用、16台用の3種のラインナップ。

防犯カメラシステムは録画装置(レコーダー)に有線で映像を送り、録画装置(レコーダー)内のハードディスクに録画をします。録画装置はビデオデッキのような役割を持ち、モニターで映像確認・再生ができ、インターネットに接続することでパソコンやスマートフォンでの遠隔監視にも対応します。

【監視カメラシステム】

防犯カメラシステムと基本は変わりませんが、従業員監視や店舗マネージメントなど、防犯ではなく業務効率化のシステムとして活用できます。
リアルタイムでの高画質モニタリングや、PC・スマートフォンでの遠隔監視に重点が置かれるシステムですが、過去の映像を見る必要もある為、録画装置も設置することがほとんどです。

日本防犯設備の監視カメラシステムつのポイント!

1.超高画質

200万画素以上のフルハイビジョン画質!
手元の詳細まで鮮明に確認できます。

2.遠隔監視

いつでもどこからでも、監視・再生可能!
現地に行く時間とコストを削減できます。

3.音声

音声聞き取り・録音可能!
音声付きの映像で、まるでその場にいるかのように状況を把握できます。

4.カメラ操作

監視カメラの上下左右操作、ズーム操作可能!
見たい場所を自在に鮮明に映し出せます。

5.高画質録画

大容量ハードディスクで高画質長時間録画!
見逃してしまった時間帯も鮮明に再生できて安心

監視カメラシステム システム構成

監視カメラシステムは録画装置(レコーダー)に有線で映像・音声を送り、録画装置(レコーダー)内のハードディスクに録画・録音をします。録画装置はビデオデッキのような役割を持ち、モニターで映像・音声の確認・再生ができ、インターネットに接続することでパソコンやスマートフォンでの映像・音声確認や再生、カメラ操作にも対応します。

監視カメラシステム おすすめ機種

【JSS730-L】243万画素AHD高感度BOXカメラ

暗い場所でも鮮明に撮影できる高感度監視カメラ。
屋外設置用ハウジングに収納して屋外設置可能。
マシンフォーカス機能搭載でピントの自動修正が可能です。
一目で監視カメラだと分かる見た目で抜群の不正抑止効果を発揮します。
フルハイビジョン画質で鮮明な撮影が可能です。

【JSS201-F】243万画素AHD屋内高感度ドームカメラ

暗い場所でも鮮明に撮影できる高感度監視カメラ。
設置場所の雰囲気を壊さないスマートなデザインのドーム型監視カメラ。
マシンフォーカス機能搭載でピントの自動修正が可能です。
フルハイビジョン画質で鮮明な撮影が可能です。

【JSS808AHD】216万画素AHD2.0 PTZカメラ

耐衝撃設計でハンマーでたたいても壊れません。
カメラの上下左右旋回操作可能。(360°回転)
光学20倍ズーム機能搭載。
屋内にも屋外にも設置できる両用モデルです。
フルハイビジョン画質で鮮明な撮影が可能です。

【SU730】集音マイク

高感度コンデンサマイクロフォンにより微細な音も集音。
目立たないフォルムと小さなサイズで、設置場所の雰囲気を壊しません。
監視カメラ映像に音声がつくと現場の様子がより詳細に把握できます。

【JSS5004H】フルハイビジョンデジタルレコーダ

最新のH.264圧縮方式で高画質・長時間録画が可能。
標準2TBハードディスク搭載の大容量録画装置。
PC、スマートフォンでの遠隔監視・操作・音声聞き取り・再生に対応。
カメラ4台用、8台用、16台用の3種のラインナップ。

日本防犯設備の監視カメラシステムはフルハイビジョン(200万画素以上の高画質カメラ)を基本にしています。PC・スマートフォンでの遠隔監視も高画質かつ滑らかな動きで、音声も聞き取れる為、離れた場所でもその場にいるかのように状況を把握できます。

【セキュリティシステム】

センサーやサイレン、威嚇機器などの侵入警報設備の事で、泥棒や侵入者を追い払う事ができます。
センサーで侵入を検知し、サイレンや警報ベルで侵入者を威嚇・撃退し、即座に通報でき、犯罪への抵抗力が非常に高い防犯システムとなります。

日本防犯設備のセキュリティシステムつのポイント!

1.確実な検知

屋外でも屋内でも侵入者を確実に検知!
犬・猫には反応しない高精度の防犯システムです。

2.的確な威嚇

環境に応じて威嚇音量の調整が可能!
メッセージも用途に応じて選ぶことができます。

3.素早い通報

侵入検知後、即通報!
平均7秒で指定先に通報が完了します。

4.隙の無い警備

侵入者による機器へのイタズラ、配線切断、電源遮断を検知!
即座に威嚇・通報をします。

5.遠隔操作

遠隔地のPCやスマートフォンで警戒ON/OFFや威嚇機器の操作が可能!

セキュリティシステム システム構成

セキュリティシステムは、センサーで侵入を検知し、主装置であるセキュリティコントローラへ信号を送り、セキュリティコントローラが威嚇機器を動作させ、電話やメールで指定先に通報するシステムです。
セキュリティのON/OFFは警戒エリアの外側に設置するリモコンで操作したり、遠隔地のPCやスマートフォンで行います。セキュリティシステムは防犯カメラシステムと組み合わせることも可能です。

セキュリティシステム おすすめ機種

【NR60/110/160QS】赤外線4ビームセンサ

4ビーム同時遮光警戒方式で小動物や落葉などによる誤報を回避
屋外警戒で最も信頼できる、防犯性能の高い高精度のセンサ。
警戒距離に合わせて6段階で投光パワー調整可能。
濃霧、豪雨、積雪などの環境悪化を環境出力でお知らせします。

【SIR10】屋外熱線センサ「トライウォッチャー」

新設計の球面フレンネルレンズ搭載により小動物等による誤報を回避。
立体警戒方式により空間全域にかわすことのできない警戒エリアをつくります。
可視光カットフィルタの採用により太陽光や車のライト等の熱による誤報を回避。
動物が頻繁に入る場所ではペットアレイ方式で誤報を回避。

【IR81】屋内熱線センサ「ゼロウォッチャー」

一定空間に無数の警戒線を飛ばし、かわすことのできない警戒エリアをつくります。
4つの内部ミラーと2つの焦電素子により誤報を極限まで排除。
自己診断機能によりセンサ自体の異常を検知灯と検知出力でお知らせします。
内部ミラー調整により、警戒エリアを自由に調整可能。

【RT-100VF】音声合成回転灯「パトライト」

侵入警報発生時に強力な赤色回転灯と音声により侵入者を威嚇。
0~105dbのボリューム調整機能。
音声メッセージは環境や用途に適したものを選択可能。
威圧感ある外観により、抜群の犯罪抑止効果を発揮します。

【AVT1100SD】遠隔監視コントローラ

遠隔地PC・スマートフォンで警戒/解除操作可能。
接続した防犯カメラ映像を遠隔地PC・スマートフォンで閲覧可能。
異常発生時にPC・スマートフォンに通報。
センサ入力4ch、警報出力4ch搭載。

日本防犯設備のセキュリティシステム(防犯システム)は、侵入を確実に検知し、犬・猫などによる誤報 を極力回避できる精度の高いシステムになっています。侵入発生時の威嚇機器も大型で強力なものを取り そろえている為、侵入者を確実に撃退し、生命・財産をしっかりと守ることができます。

設置場所別【導入事例】

防犯システムに関する情報

遠隔監視用のブラウザーとアプリ(防犯カメラ)

2016.10.28 金曜日

【防犯カメラでの遠隔監視】 近年、急速に防犯カメラでの遠隔監視が普及が進んでおり、店舗やオフィス、駐車場など複数の事業所を運用しているケースで遠隔監視が特に活躍しているようです。 その利用方法としては、防犯カメラの映像を本社のPCや、移動中にスマートフォンやタブレットで閲覧し、現地での従業員の勤務態度や来客状況、店舗の陳列状態などをチェックし、多拠点の運営を効率化する、といったものがほとんどです。…

続きはこちら

防犯カメラ・監視カメラのアプリについて

2016.06.16 木曜日

【防犯カメラ・監視カメラのアプリの特徴】 防犯カメラ・監視カメラは、本来的には「録画しておく」ことが本領でした。 しかし、ネットワークカメラの登場や、それに影響された防犯カメラ・監視カメラの技術進歩で、カメラは今や、「いつでも、どこからでも、PCでもスマホでもタブレットでも」見れるようになりました。 それに伴い、PCやスマートフォンで遠隔監視をするためのアプリが多数登場し、手軽に便利に遠隔監視ができるようになりました。 アプリには様々な機能を持つものがあり、業務効率改善にも効果的になってきています。…

続きはこちら

録画機能(防犯カメラ)

2016.05.13 金曜日

【防犯カメラの録画機能概要】 現在、ありとあらゆる所で防犯カメラの設置が急速に進んでいるが、大半の防犯カメラシステムには録画機能がついている。 防犯カメラそのものには撮影機能は有っても、その映像を長時間記録する機能はなく、そのため別途専用の録画装置をつけることで、映像を長時間記録する。 録画装置の主たる役割は、カメラの映像を長期間記録し、何かあった時に数週間もしくは数カ月遡って、過去の映像を再生できることにある。…

続きはこちら

ネットワークカメラ(IPカメラ)の集中管理システム

2016.05.12 木曜日

【ネットワークカメラの現状】 昨今、店舗や事務所などでネットワークカメラ(IPカメラ)システムの需要が伸びている。 その需要は単に防犯の為、というものではなく、ネットワークカメラの映像を利用して遠隔地にある拠点のマネージメントを行うことにむしろ重点が置かれている。 マネージメントの方法としては、従業員の勤務態度を監視したり、店舗の来客状況の確認、レイアウトや整理整頓の確認…

続きはこちら

多店舗用遠隔監視カメラシステム導入について

2016.04.07 木曜日

【多店舗チェーン店での防犯カメラ需要】 ここのところ、多店舗チェーン店様からの監視カメラシステム設置依頼が非常に多い。 特に、全国のショッピングモールへ出店している、飲食店様や小売店様(特にアパレル関連)からの依頼が多く、多拠点展開での心配事や悩み事には、割と共通しているところがあり、その解決方法として監視カメラシステムがぴったり当てはまることが多い。 多拠点展開している方は、20店舗、50店舗という規模のところも多く、1年間に複数店舗を新規オープンさせることも多い。…

続きはこちら

求められる性能(防犯カメラ)

2016.01.13 水曜日

現在の防犯カメラは以前に比べると画質が飛躍的に上がっており、選ぶ際にも「画質のいいものを」という視点で選択することが多くなってきている。 もちろん防犯カメラは画質が良ければ良いに越したことはないのだが、もし画質が同等だった場合、他にチェックすべき項目はなにか?といったことも非常に重要となる。 そこで、画質(解像度)以外で防犯カメラの重要な機能を説明していきたい。…

続きはこちら

録画について(防犯カメラ)

2015.10.08 木曜日

防犯カメラの録画機能について、現状を詳しく解説したい。 【録画期間】 通常、防犯カメラは専用の録画装置に接続し、ハードディスクに録画していく。録画期間の長短は、ハードディスクの容量・画質・動きの滑らかさ・圧縮方式で決まる。 ハードディスクの容量が大きければ大きい程録画時間は長くなり、容量と録画時間は正比例の関係になる。…

続きはこちら

録画機能について/防犯カメラ

2015.09.18 金曜日

防犯カメラシステムの中で、最も重要なものは録画機能である(設置目的が防犯の場合)。それに準じてモニターでのライブ監視や、遠隔地PCやスマートフォンでの遠隔監視といったものが重視される。 録画は防犯カメラから有線で録画装置に映像が送られ、映像データが保存されていくのだが、この録画装置の性能が、防犯カメラシステムのレベルを決めることになる。…

続きはこちら

高画質化について(防犯カメラ)

2015.09.14 月曜日

ここ数年、防犯カメラの画質向上がめざましく、高画質なカメラが一般に普及し始めている。 従来の防犯カメラの画質は、40万画素程度のものが大部分で、たとえるなら「ハイビジョン放送が始まる前のアナログ放送の画質」といったものだった。 このアナログ画質の防犯カメラは、90度ほどの画角でもって、広い範囲を見渡す用途にはさほど問題がない(設置目的の「全体の把握」はできる)のだが、…

続きはこちら

【防犯カメラ 録画】録画装置の動体検知録画について

2015.04.09 木曜日

防犯カメラの録画装置はカメラ映像を長時間高画質録画することが可能です(1ヶ月半以上、容量や設定次第で半年・1年も可能)。 その一方で、利用している方からは「長々と再生して、事件があったピンポイントの映像を探すことが面倒だ」という声も昔から多く、現在の録画装置は再生が非常に簡単になっています。 弊社の録画装置は、カレンダーで日付を選び、24時間制の横棒グラフから、…

続きはこちら

ネットワークカメラと防犯カメラ|防犯カメラの日本防犯設備

2015.01.06 火曜日

近年、ネットワークカメラ(IPカメラ)の普及が急速に進み、弊社でも「ネットワークカメラをつけたい」というお問い合わせを多くいただいています。 ネットワークカメラは「インターネット越しにPCで現地カメラ映像を遠隔監視できるカメラ」と認識されてきていますが、詳細な特徴はまだ世の中全般には広まっておらず、「通常の防犯カメラと何が違うの?」という声もまだまだ多く耳にします。 通常の防犯カメラは、防犯カメラを専用の録画装置につなぎ…

続きはこちら

システムの性能と現状|防犯カメラの日本防犯設備

2014.06.30 月曜日

防犯カメラシステムは通常、カメラ・録画装置・モニターの3つで構成されており、十分に性能を発揮するためには、この3つの組み合わせ方を考えなければいけません。 例えば、現在200万画素のHD-SDIカメラ(ハイビジョンカメラ・メガピクセルカメラ)を設置した場合、録画装置には200万画素のハイビジョン映像が配信されますが、モニターの表示画素数が低いと本来のきれいな映像を見ることができません…

続きはこちら

セキュリティシステムはこちら 料金プラン・ご契約までの流れ