センサー機器

ワイヤレス熱線センサ

RIR20

ワイヤレス熱線センサ

製品説明

検知方式はミラーによる立体警戒方式を採用の天井付けタイプ。

  • パルスカウント・感度の調整ができますので、設置環境に合わせて機器のモード設定が可能。

  • 本機へのいたずら防止のため、ベースからはずされるとタンパ発生信号を送信します。

  • 機器の状態情報(タンパ情報、電池情報等)を約5時間毎にコントローラに送信します。

  • コントローラまでの電波到達距離は見通し距離で約100mです。

選択ポイント

ワイヤレスシステムRシリーズの端末機器です。他のワイヤレスシステムには使用できません。 本機が侵入発生を検知すると、異常発生信号(電波)をコントローラに向け送信します。

防犯設備士より解説

ワイヤレス熱線センサRIR20は室内用の立体警戒方式センサーです。
ビームセンサーとは異なり、一定空間全てを警戒するため、侵入者が警戒エリアをかわすことは出来ません。
また、無線方式で電源もバッテリー搭載の為、一切の配線がいらず、室内の美観を損ねません。

センサー機器一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ