センサー機器

熱感知器

BV42208K

熱感知器

製品説明

急激な温度変化を検知、火災の発生をいち早くキャッチ。

  • 普段火の気のない部屋の天井面に設置します。

  • 急激な温度上昇を受けると感熱室内の空気が膨張し、ダイヤフラムを圧して接点を閉じます。緩慢な温度変化に対してはリーク穴の作用によって外圧との平衡を保ち、誤報を防止します。

  • ヘッド・ベースで1セットです。感知器用ベースと組み合せてお求めください。

  • 使用温度範囲/-10℃〜+50℃

選択ポイント

急激な温度上昇を検知、普段火の気のない部屋などに取り付けます。

防犯設備士より解説

熱感知器BV42208Kは急激な温度上昇を検知する差動式の熱感知器です。
ある一定温度に熱が達するのを待たずして検知可能な為、火災の初期発見に適したセンサーです。

センサー機器一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ