センサー機器

熱感知器

BV41218K

熱感知器

製品説明

一定温度になると検知、火災の発生をいち早くキャッチ。

  • 普段火を使う厨房や台所などの天井面に設置します。

  • 火災時の熱を感熱板で受熱し、円板バイメタルに伝導します。この温度が感知器の公称作動温度を超えると円板バイメタルが反転し、インシュレートピンを押して接点を閉じます。

  • ヘッド・ベースで1セットです。感知器用ベースと組み合せてお求めください。

  • 使用温度範囲 /-10℃~+50℃

選択ポイント

一定温度になると検知、普段火を使う台所などに設置します。

防犯設備士より解説

熱感知器BV41218Kは低温式の熱感知器です。
ある一定の温度になると異常を発信しだす構造のため、普段から火を使う場所での利用に向いています。

センサー機器一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ