セキュリティコントローラ

サブコントローラ

SGS200

サブコントローラ

製品説明

セキュリティコントローラと通信で連動動作が可能なサブコントローラ

  • 非接触IDタグ操作により警戒/解除を行い、大型照光式ボタンと音声ガイダンスで操作を簡単・確実にします。離れた場所で、セキュリティコントローラと連動した操作・表示確認ができます

  • インターホン機能によりセキュリティコントローラとの間で通話が行えます。2世帯住宅などで便利な機能です

  • 防犯入力8回線とオープンコレクタ方式の個別警報出力を備えています

  • コントローラ側の設定により、[ローカル設定]では最大3台、[ゾーン設定](SG2208限定機能)では最大8台接続可能

選択ポイント

サブコントローラ:SGS200は、セキュリティコントローラ(SG2204/SG2208)と接続が可能で、非接触IDタグ操作と大型照光式ボタンでセキュリティコントローラと連動した動作が可能です。防犯入力8回線を装備し、セキュリティコントローラとはインターホン通話が行えます。2世帯住宅などから建物・警戒ゾーンが分散する工場、テナントビルまで幅広く、用途に合わせたシステム構築ができます。

防犯設備士より解説

サブコントローラ:SGS200は主装置の操作を別の場所で行えるだけでなく、本来主装置を見ないと分からない現状のセキュリティの状態を別の場所で確認できるようにします。
サブコントローラーを使用することで、通常のセキュリティシステムを2世帯住宅や工場、テナントビルなどで飛躍的に使い勝手のいいものに変えることができます。
弊社では防犯設備士が現地を確認し、お客様の環境に最も適し、一番楽に運用できるシステムを組み上げます。

セキュリティコントローラ一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ