高速ネットワークカメラシステム

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【兵庫県・西脇市】太陽光発電所の電線3,900メートル盗難

2016.10.04 火曜日

【太陽光発電所から電線3,900メートル盗難事件】

 

2016年10月3日、兵庫県西脇市が多可町に設置した太陽光発電所の設備に取り付けた電線計48本、延べ約3900メートル(約370万円相当)が盗まれたことが3日、市への取材で分かった。兵庫県警西脇署が窃盗事件として調べている。

 

市によると9月29日、発電状況を示す市役所内のモニターで発電していないことが分かった。同22日以降停止していた。

 

盗まれたのは、ソーラーパネルと、発電した電気を家庭用の交流電気に変える装置をつなぐ電線。調べた結果、発電所入り口の鍵が壊れていた。発電所は普段無人。防犯カメラや警報装置もなかった。周囲は高さ約1.8メートルのフェンスがある。

 

発電所は敷地約1万8200平方メートルに約8200枚のソーラーパネルがあり、新電力会社への販売で1日約19万円の売り上げがあった。発電は10月中旬に再開する見通し。

 

 

【太陽光発電所を取り巻く状況】

 

太陽光発電所での電線盗難は2年前に滋賀県で頻発して以来、全国で同様の事件が頻発しています。

 

太陽光発電所は郊外にあることが多く、職員も普段は現地にいないため、24時間人気のない状況が続くことになり、そこを泥棒に狙われています。

 

泥棒の狙いは、人気のない場所で、換金が容易な送電ケーブルを大量に盗み、誰にも目撃されずに犯行を繰り返すことにあり、防犯カメラなどの盗難対策が行われていない場所を優先的に狙っているようです。

 

今回の事件では、盗まれた電線約370万円相当の再敷設の費用だけでなく、1日19万円の売り上げロスが約1ヶ月続くという、金額に換算すると570万円ものロスが発生することになり、これ以上の被害が出ない様に対策を急ぐ必要があります。

 

屋外防犯カメラ

 

 

【太陽光発電所での防犯対策】

 

太陽光発電所での電線盗難を食い止めるためには、警備会社などの人の駆け付けはまず間に合わないため、意味がありません。

 

防犯カメラで犯行を抑止し、現地の様子を撮影・録画し続けることが、最も効果が高く、泥棒は嫌がります。

 

その際には「防犯カメラ設置中」などと書かれた防犯看板や、本物そっくりのダミーカメラを大量に設置する事で、コストを抑えながら高い犯行抑止効果が得られます。

 

防犯をしっかり意識している事や、厳重に警戒している様子は、泥棒の心理に想像以上のプレッシャーを与えることとなります。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ