防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

トップページ > セキュリティシステム > 屋内用センサー おすすめ機器

屋内用センサー おすすめ機種

侵入者が屋内に入り込むことは、大きな危険を意味します。
出来るだけ早期に検知して、威嚇・通報をし、金品や情報、身体を守る必要があります。 屋内で侵入警戒センサーが安定した性能を発揮するためには、適切な機種選定や設置方法が重要です。

株式会社日本防犯設備では、安定性の高い屋内用センサーをラインナップをしております。弊社のおすすめ屋内用センサーをご覧ください。

IR81

IR81

【屋内】熱線センサ

ハイパー8素子に加えて新開発のミラーにより高密度の検知エリアを構成、中段ゾーンの密度を高め、人体の確実な検知と小動物の非検知性能を両立させました。

1つの検知ゾーンに4つのツイン検知セクタを配置することで、誤報の要因となる小動物、外乱光、電気ノイズの影響を大幅にカットしました。

【解説】熱線センサIR81は屋内用立体警戒方式の熱線センサーです。 国内の熱線センサー開発の旗手であるアツミ電氣製品の中でも得に信頼性の高い高精度センサーになります。 立体警戒方式により、侵入者がかわすことのできない警戒エリアを作り上げ、侵入者以外の小動物などは検知しない、屋内警戒に欠かせないモデルです。

NS31

NS31

【屋内】ドアスイッチ 露出型

アルミサッシや各種ドアにマッチする、「ブラック」「ブラウン」「アイボリ」「グレー」の4色から選択できます。

スイッチカバーのテスタ孔で簡単にループチェックができ、施工性・メンテナンス性に優れています。

【解説】ドアスイッチNS31は扉や窓の開閉を検知するセンサーです。 「開いたら反応」というシンプルな検知方法のため、誤報がなく、確実に侵入者を検知できます。 現在の泥棒は窓を割ったあと、必ず窓を開けて侵入するため、現在の犯罪事情にマッチしたセンサーです。

RNS10

RNS10

【屋内】ワイヤレスマグネットセンサ

アルミサッシや各種ドアにマッチする「ブラウン」「グレー」の2色から選択できます。

電池情報(電池低下、電池切れ)、機器の状態情報を5時間毎にレポート送信します。

コントローラまでの電波到達距離は見通し距離で約100mです。

【解説】ワイヤレスマグネットセンサRNS10は防湿性能をそなえた無線式センサーです。 通常のマグネットセンサでは対応できない、お風呂場などの多湿な場所への設置が可能で、配線の必用がない為、室内の美観も損ねません。

MS1

MS1

【屋内】シャッタセンサ 磁気式

磁気検出式なので、クモや蛾などの小動物やほこり、汚れ、結露氷結等の影響を受けません。

寒冷地、高温多湿地などでも外部環境の影響を受けず、安心してご使用いただけます。

一体型アームにより、センサ本体とマグネットシートの距離や高さの調整が自在に行えます。

【解説】シャッタセンサMS1はシャッターの開閉を検知するセンサーです。 磁気式のため、シャッターの汚れや、虫の存在などに関係なく、精度の高い検知が可能です。

NR1M

NR1M

【屋内】シャッタセンサ ビーム式

反射ビームのレベル検出モニタ機能により、設置調整後汚れなどが原因で受光状態が悪化した場合でもモニタ灯で確認できます。

ガラス越しのシャッタも警戒可能。但し、この場合ビームの効果は減少します。

通常のセンサーよりもシャッターの揺らぎによる誤報を軽減。

【解説】シャッタセンサNR1Mはシャッターの開閉を検知するセンサーです。 従来の磁気式ではセンサーからシャッターの間隔が離れている場合は検知精度が大きく下がってしまいますが、NR1Mはビーム方式のため、シャッターとセンサーの間隔が広くても精度の高い検知が可能です。

5150C-W

5150C-W

【屋内】ガラス破壊センサ

ガラス破壊時の特有の衝撃波を圧電素子により検知、風による窓ガラスの振動やノック音では反応しません。

検知出力時間がワンショット出力のため、リセット操作は不要です。

【解説】ガラス破壊センサ5150C-Wはガラスに張り付けることで、ガラスの破壊行為を検知するセンサーです。 振動をもとに破壊を検知しますが、ガラスが割れた時特有の衝撃波に反応するため、風によるガラスの振動などには反応しないようにできています。

SS-02

SS-02

【屋内】金庫センサ

金庫の扉が開けられると即時に検知信号を出力します。また、金庫の移動や横倒しを検知する傾斜センサを内蔵しています。

金庫焼き切り工作には、発生する熱で自己切断する温度ヒューズを搭載。

【解説】金庫の扉開放、移動や横転、焼き切り工作を検知して、信号を送出します。

!–リンク集 START–>