出入管理機器

キー式照合機

NS-T830

キー式照合機

製品説明

照合時にカメラ画像を残し、セキュリティの向上を実現。

  • 運用は個人IDのみでの運用と個人ID+暗証番号での運用から選択ができます。

  • コード入力による入退室時の履歴を残すことができます。

  • フタの閉め忘れを防止する自動閉機能付。

  • 英数字表示はスクランブル表示によって暗証番号の推測・漏洩を防ぎます。

選択ポイント

マンションや個人住宅のドアのロックコントロールから事業所の出入管理まで広範囲に利用することができます。本体のカメラにより各種操作時の画像記録を残せ、本人確認が可能です。入室・退室側の両面に設置が可能です。

防犯設備士より解説

キー式照合機NS-T830は個人IDを入力することで扉の施解錠が可能です。
カメラ搭載の為、入力者の映像を記録でき、個人IDの入力履歴も残せるため、いつ、だれが施解錠したのかを確実に記録できます。

出入管理機器一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ