センサー機器

放火監視センサ

UVS-06CTV

放火監視センサ

製品説明

3cmの炎を5m先で瞬時に検知、広範囲エリアを確実に監視。

  • 炎(紫外線)の検出が設定した蓄積時間以上連続した時に表示灯や音声警報等により警報を発します。

  • 警報後本体内センサが50分間赤色点灯保持しますので、1回線に複数台設置した場合でも現地にて警報したセンサを特定することができます。

  • 配線式ですので、遠隔監視はもちろん、他の機器と連動可能です。

  • 取付ベースが分離できますので、メンテナンスも容易です。

選択ポイント

炎に含まれる紫外線をすばやく検出し、音声警報を発すると同時に接点出力する放火監視センサです。放火、いたずらなど故意に火をつけた場合、また禁煙場所や火気厳禁場所など炎が発生してはならない場所において誤って火をつけてしまった場合などに音声警報で威嚇することができます。

防犯設備士より解説

放火監視センサUVS-06CTVは30m先の火気を検知出来る、高精度の屋内用炎センサーです。
火気を検知した際に本体から警報音が出るだけでなく、外部機器への信号出力もできるため、セキュリティシステムの一部に組み込むことが可能です。

センサー機器一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ