野外用防犯カメラ

赤外照明付カラーカメラ

SV600

赤外照明付カラーカメラ

製品説明

大型LED採用により、赤外投光距離50mを実現

  • 周囲照度が約1.5lx以下になると照度センサが感知して自動的に赤外照明投光器が点灯、夜間暗闇の映像を映し出します

  • 赤外照明が強すぎて映像が白飛びしてしまう場合、赤外照明の強度を調整します。強度は約30%-100% の間で調節可能

  • カメラレンズ窓に曇り防止用ヒータを装備、カメラ内部温度が18℃(外気温 約8℃)で作動し、内部温度が28℃(外気温 約18℃)になると停止します

  • 内部冷却用ブロアを装備し、カメラ内部温度が35℃(外気温 約25℃)で作動し、内部温度が25℃(外気温 約15℃)になると停止します

選択ポイント

可動式赤外線カットフィルタによるデイナイトカメラ仕様です。 ・約38万画素 ・屋内/屋外用(IP66) ・デイナイト ・赤外照明付 ・バリフォーカルレンズ付 ・ヒータ/ブロア付 ・フリッカレス

スペック表

イメージセンサー 1/3型 SONY Super HAD CCD
解像度 約38万画素 540TVライン
撮影範囲 水平:30°~13°
赤外線照射距離 約50m
電源・消費電流 DC10.8~13.2V 1100mA(最大)
使用温度範囲 -20℃~+50℃
外形寸法 W120×H115×D215mm
質量 約2.4kg

防犯設備士より解説

赤外照明付カラーカメラSV600は38万画素屋外型アナログ防犯カメラです。
屋外用のカメラの中でも際立った性能を誇り、強力赤外線照射、ヒーター内蔵など、いかなる現場でも性能を発揮するカメラです。
大型カメラでも白い塗装のカメラは夜間の視認性の良さから大きな犯行抑止力をうみ、また夏場の強烈な日差しも反射色により影響を受けずに撮影が可能です。

屋外用防犯カメラ一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ