屋外用防犯カメラ

全天候型赤外線カメラ

BM5562NIR

全天候型赤外線カメラ

製品説明

全天候型赤外線カメラ(ズームレンズタイプ)

  • 屋外に設置して監視するには十分な防水性能を持った防犯カメラ

  • 画質も非常に高性能で、1/4インチサイズのSONY製「Super HAD CCD」搭載で、画質も41万画素の映像で記録を残します

  • 標準でズームレンズを搭載していますので、最大300倍ズーム相当(光学30倍、デジタル10倍)で不審者の顔までくっきりと撮影します

  • 赤外線LEDを内蔵していますので、夜間に明かりのまったくないところでも白黒高感度映像を撮影します

選択ポイント

光学30倍レンズ(F1.6(ワイド), F3.2(テレ) f=3.3~99mm)Video AF

スペック表

イメージセンサー 1/4インチ SONY Super HAD CCD
解像度 41万画素 480TVライン
レンズ 光学30倍レンズ
赤外線照射距離 最大80m
電源/消費電力 DC12V±30%/2.5A
動作可能周囲環境 -10度~+50度
外形寸法 332.8(幅)×230.9(高さ)×361.9(奥行き)mm
質量 4Kg
保護等級 IP65

防犯設備士より解説

全天候型赤外線カメラBM5562NIRは41万画素のアナログ防犯カメラです。
30倍の望遠レンズを搭載したモデルで、遠くの被写体を大きく映せるだけでなく、屋外真っ暗な場所でもカメラの左右に装備した赤外線LEDて照らし出し、遠くまで鮮明に撮影が可能です。
通常の屋外型防犯カメラは3~6倍程度であることが多く、赤外線照射を備えた30倍ズームのカメラは非常に珍しく、被写体まで距離が離れた場所での防犯カメラ設置で唯一無二の働きができます。

屋外用防犯カメラ一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ