屋内用防犯カメラ

センサカメラ

SC200

センサカメラ

製品説明

フラッシュ機能搭載により、LEDの点滅で侵入者を威嚇

  • 面倒な調整作業も不要で、広いスペースを1台でカバーできるように、超広角レンズを搭載し、センサの検知エリアとカメラの画角の一体化を実現

  • オンスクリーンパターンロケータ搭載により、カメラからの映像にセンサの検知エリアを重ねて表示することにより、検知エリアの確認ができます。映像確認端子に小型モニタなどを接続すれば、その場でセンサの検知エリアとカメラの監視エリアの調整が可能

  • 高感度暗視カメラで、昼はカラー映像、夜は赤外線照明によりゼロ・ルクス環境下でも10m先まで鮮明な映像で捉えることができます。水平方向はセンサの検知エリア(約90°)をカバーしていますから、暗闇でも広い範囲を鮮明画像で捉えることができます

  • 高感度マイクにより、現場の臨場音や音声の集音が可能

選択ポイント

センサカメラ:SC200は、防犯カメラとして映像監視システムへ簡単に組込むことが可能です。機器や配線工事における経済性ばかりでなく、侵入者を検知したその瞬間からハイレベルなセキュリティを実現。暗闇でも的確にキャッチし、鮮明な映像で捉えますから、夜間無人となるオフィスビルや不特定多数の人が出入するお店などに最適です。

スペック表

イメージセンサー 1/3型カラーCCD
解像度 約38万画素 540TVライン
撮影範囲 水平:96.8°垂直:72.4°
赤外線照射距離 10m
電源・消費電流 PoE(IEEE802.3af)、DC12V/1A
使用温度範囲 --10℃~+50℃
外形寸法 Φ160×H109mm
質量 約600g

防犯設備士より解説

センサカメラSC200は通常の防犯カメラの機能に加えて、侵入検知をするセンサー機能と、簡易的な威嚇をするフラッシュ機能により、犯行の抑止や証拠撮影だけでなく、泥棒の侵入を検知し、威嚇撃退する機能を持った防犯性能の高いモデルになります。
また、赤外線照射機能を備えている為、真っ暗でも撮影が可能で、暗闇に乗じて侵入しようとする泥棒を逃さずキャッチします。

屋内用防犯カメラ一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ