屋内用防犯カメラ

3メガピクセルバリフォーカルボックス型ネットワークカメラ

JSD730IP

3メガピクセルバリフォーカルボックス型ネットワークカメラ

製品説明

3.0メガピクセルCMOSセンサー搭載の超高画質IP/ネットワークカメラ

  • 2048×1536解像度を有する3メガピクセルカメラです

  • WDR機能搭載で、逆光等の明暗差が大きな場所でも鮮明な映像を映し出します

  • 専用アプリケーションで、iOS/Android端末からモニタリングできます

  • バリフォーカルレンズ搭載により、多彩な画角調整が可能

選択ポイント

超高画質300万画素のIP/ネットワークカメラ。WDR機能搭載で様々な環境に適応可能

スペック表

イメージセンサー 1/3.2インチ Progressive Scan CMOS
解像度 2592×1944 5メガピクセル
撮影範囲 水平:水平70.9°~29.2°
最低被写体照度 カラー:0.1Lux、モノクロ:0.05Lux
電源・消費電流 PoE(IEEE802.3af):4.002W
使用温度範囲 -10℃~+50℃
外形寸法 67.1(幅)×65(高)×169.3 (奥)mm
質量 438g

防犯設備士より解説

3メガピクセルバリフォーカルボックス型ネットワークカメラJSD730IPは300万画素の解像度を誇る、超高画質ネットワークカメラです。
屋内の監視に抜群の効果を発揮し、不正者の人相や手元を詳細まで鮮明に撮影が可能です。
また、WDR機能搭載により、逆光化などの明暗差の激しい場所でも鮮明に撮影を行います。 超高画質カメラは他の機器との組み合わせを誤ると、性能を発揮できません。
弊社では防犯設備士が現地環境を確認の上、機器の性能を最大限発揮できるシステムをオーダーメイドで組み上げています。

屋内用防犯カメラ一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ