屋内用防犯カメラ

赤外線照射機能付き200万画素屋内屋外両用ドームIPカメラ

JSD501IP

赤外線照射機能付き200万画素屋内屋外両用ドームIPカメラ

製品説明

赤外線照射機能付き200万画素屋内屋外両用ドームIPカメラ

  • 赤外線投稿距離最大15m

  • サーバー機能をもったIP/ネットワークカメラ

  • 2メガピクセルCMOSセンサー搭載の200万画素高画質モデル

  • 固定IP不要の独自DDNS対応モデル

選択ポイント

200万画素高画質ネットワークカメラの屋内屋外両用モデル。独自DDNSを所持しているため、固定IPなどのコストを抑えながら運用できます。

スペック表

イメージセンサー 1/3インチ Micron Progressive Scan CMOS
解像度 1600×1200 2メガピクセル
撮影範囲 水平101°~30.4°
赤外線照射距離 約12m
電源・消費電流 PoE(IEEE802.3af)Class3、6.12W
使用温度範囲 -10~40度
外形寸法 Φ72×D127mm
質量 700g

防犯設備士より解説

赤外線照射機能付き200万画素屋内屋外両用ドームIPカメラJSD501IPは、200万画素の解像度を誇る、高画質ネットワークカメラです。
赤外線投光器搭載により、真っ暗闇でも鮮明に撮影ができ、耐衝撃設計により、侵入者の破壊行為にも耐えうる、防犯性能の非常に高いカメラになっています。
また、独自DDNSに対応している為、遠隔監視の際にも固定IP料金などのコストをカットでき、防犯にもマネージメントにも使い勝手のいいモデルとなっています。

屋内用防犯カメラ一覧へ 株式会社日本防犯設備TOPへ