設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【神奈川県】ワンボックスカーから電動工具窃盗

2018.02.27 火曜日

【マンションで電動工具11点の窃盗】

 

2018年2月23日、神奈川県警捜査3課は、ワンボックスカーの窓ガラスを割り車内から電動工具などを盗んだとして、窃盗容疑で、無職住所不定男(51)=窃盗罪などで起訴=と無職横浜市男(48)=同=を追送検した。ともに容疑を認めている。

 

追送検容疑は、平成2017年9月10日午前4時半ごろからの約30分間に、同市戸塚区のマンション駐車場で、このマンションに住む会社員の男性(58)のワンボックスカーの助手席付近の窓ガラスをレスキューハンマーでたたき割り、車内から電動工具など11点(計約13万円相当)を盗んだとしている。

 

同課によると、周辺の防犯カメラの映像や現場に残された遺留品などから2人の関与が浮上。2人は同年1月上旬から県内や静岡、東京で計177件の窃盗事件に関与したとみられ、被害総額は計約2,110万円に上るとみられている。

 

【電動工具窃盗の手口】

 

近年、倉庫や駐車場から電動工具が盗まれる被害が急増しております。

 

電動工具は中古市場が確立されているため、犯人は盗んだ工具を転売して現金を獲得するために電動工具を狙います。

 

1件当たりの被害額も小さくはなく、「アシが付きにくく、盗みやすく、そこそこのお金になるもの」と犯人も考え、繰り返し盗んで利益を得ようとしています。

 

狙われやすい場所は、電気工事業者の倉庫や駐車場の車両の中から等が特に多く、特に車両の防犯対策が不十分な時にターゲットにされやすいようです。

 

a9

 

上記の事件の様なマンションの駐車場での盗難も非常に多く、電動工具だけでなく、釣り道具やゴルフバッグ、楽器などの盗難も発生しています。

 

夜間は自室に道具を運び入れる事で盗難被害は防ぐことができますが、それが現実的に難しい場合も多々あります。

 

そういった場合でも、工具などを窓から見えない様に隠すだけでも被害に遭う確率を大幅に下げることができます。

 

泥棒は車の中をのぞき見て、お目当ての物があるか確認してから犯行に及びます。お目当ての物がなければ他の車を物色します。

 

 

今回の事件の様に、防犯カメラ映像がもとになって犯人が捕まることが増えれば増えるほど、防犯カメラを恐れる泥棒が増えて、防犯カメラのある場所では盗みをしなくなる確率が増えます。

 

防犯カメラの普及だけでなく、こういった窃盗の減少のためにはフリマアプリやネットオークションのあり方も関連してくることとは思いますが、まずは工具の持ち主の盗難防止の意識が重要です。工具がターゲットにされていることを考慮の上、取り扱い方法を考えることが防犯の第一歩になります。

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ