設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

バイトテロ、偽計業務妨害容疑で3人書類送検

2019.05.31 金曜日

【高校生など3人が書類送検】

 

大手回転寿司チェーンで、アルバイトの従業員が、ごみ箱に捨てた魚の切り身をまな板に置く動画がSNSに投稿され、警察は高校生など少年3人を偽計業務妨害の疑いで書類送検しました。

 

SNSに投稿された動画には、アルバイトの従業員が「これは捨てます」と言いながら魚の切り身をごみ箱に捨て、その後、取り出して、まな板に置く様子が写っています。

 

会社の被害届を受けて警察が捜査したところ、アルバイトの従業員だった17歳の高校生と19歳の元専門学校生が動画を撮影し、知り合いの別の高校生が投稿したことが分かったということです。

 

ごみ箱に捨てた切り身は、客には提供されませんでしたが、お店には、およそ1300件の苦情が寄せられたということです。

 

警察は、店の衛生管理について誤解を与える情報を流し、営業を妨害したとして、3人を偽計業務妨害の疑いで書類送検しました。

 

警察によりますと調べに対し、3人は容疑を認め「投稿したら炎上して迷惑がかかると思っていた」などと話しているということです。

 

アルバイトの従業員などが不適切な動画を投稿するこうした行為はバイトテロとも呼ばれ問題になっていますが、当事者が書類送検されるのは異例です。

 

被害に遭った回転すしチェーンの運営会社は「捜査機関により、適切な措置がなされたと考えております」とコメントしています。

 

【バイトテロへの対応の模索】

 

昨今世間を騒がせているバイトテロの被害に対し、各企業で対応に非常に頭を悩ませていることがしばしば報道されています。

 

未だ成人していない若者のイタズラであるという解釈上、警察沙汰を控える方針や、他のアルバイト従業員のモチベーション低下や、アルバイト応募者の減少を懸念し、警察沙汰を控える方針など、各企業、様々な観点で方針を探っている状況のようです。

 

しかしながら、一様に被害は大きく、中には閉店・倒産まで余儀なくされる例もあり、これだけSNSでの拡散力が強まっている昨今では、バイトテロの被害は軽視できません。

 

ある店舗で食材などにいたずらがあった場合、消費者的な観点からすれば「他の店舗は大丈夫なのか?不衛生な食材が紛れ込んでいるのでは?」と思ってしまうのは当然の事で、ちょっとしたイタズラでも消費者に与えるマイナスイメージは非常に大きくなります。

 

そのようななかで、今回は異例の書類送検という対応がとられ、非常に注目を浴びている事例だと言えます。

 

SNSに投稿された動画が動かぬ証拠となり得ると思いますが、何かを判断する時や、法的手段を講じる時には、慎重さと確実な証拠が必要不可欠です。

 

そのSNSの動画は、何時何分にどの店舗のどのあたりで撮影され、その前後で当事者たちはどのような動きをしていたのか等、正確な証拠が必要となります。

 

a1

 

飲食店の厨房に防犯カメラを設置する事で、SNSに投稿された動画の情報以外の、より信憑性の高い証拠が確保できます。

 

その情報から、どれほど計画的で意図的で悪意があったかが読み取れる可能性はかなり高そうです。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ