設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【千葉県】マンション駐車場で車泥棒

2018.12.05 水曜日

【マンションの駐車場でスポーツカー100件以上の窃盗か】

 

2018年11月21日、千葉県警捜査3課などは、かつて国内で高い人気を誇ったスポーツカーを狙い自動車盗を繰り返したとして、窃盗の疑いで男2人を逮捕、送検したと発表した。

 

逮捕・送検されたのは、いずれも住所不定、無職男(31)=窃盗罪などで公判中=ら2名で、男らは容疑を認めている。

 

同課によると、2018年2月ごろから、市川市や千葉市若葉区など京葉・東葛・房総地域で、海外で人気のスポーツカー「スカイラインGT―R」「ランサーエボリューション」「レガシー」「インテグラ」などをマンション駐車場などから繰り返し窃盗。野田市内の貸倉庫に保管し、解体して海外に輸出していたとみられる。

 

盗難車を調べたところ2人の関与が浮上。県警は同市内の倉庫から車16台分の部品を押収した。自動車盗約100件への関与をほのめかしていることから、県警は引き続き捜査している。

 

 

【千葉県での自動車盗難】

 

上記の事件では、泥棒の手口が以前とは変わってきていることが読み取れます。

 

まず、以前であればトラックやユニック車、ハイエースやプリウスなど、運搬性能の高い車やトヨタ製の車が盗まれることが多かったのですが、近年の自動車盗難は、セダンタイプの車やスポーツカーなどをマンションや戸建て住宅の駐車場から盗むことが多くなってきています。

 

恐らく、トラックやハイエースを駐車している場所への防犯設備の普及率が上がったことや、所有者の警戒心が高まったことで、より防犯対策の手薄な場所をターゲットにしてきているものと思われます。

 

不正輸出先が変わった可能性もあり、工事車両であれば東南アジア・中東に不正輸出されることが多かったのですが、スポーツカーやその部品を盗んで不正輸出していたとなると、欧米などにも輸出していた可能性も考えられますが、この点については警察の捜査結果を待つこととなります。

 

また、保管場所が「貸倉庫」という所も従前とは異なる所で、以前であれば、人里離れた場所にある、高い囲いで覆われた広い自動車解体所(通称:違法ヤード)に盗難車は持ち込まれ、そこで解体され輸出される、といった形態でしたが、警察の違法ヤード摘発が行われ、引き続き解体ヤードへの取り締まりを厳しくしていることから、この違法ヤードを利用した自動車盗難事件は激減したという経緯があります。

 

恐らく今回の犯人たちも、違法ヤードへの取り締まりが厳しいことから、警察の目を逃れるために貸倉庫に車を持ち込み、そこで解体をしていたものと思われます。

 

盗んだ車をどうやって海外に不正輸出していたかには謎が残ります。

 

もしかしたら、輸出担当の外国人犯罪者、しかも以前は違法ヤードで不正輸出を行っていた者などとのつながりがあったのかもしれません。

 

旅館防犯カメラ

 

いすれにせよ、マンションや戸建て住宅からの車両窃盗は、いまや特殊な事件ではなく、かなり頻繁に発生している手口となります。

 

駐車場での車の施錠やカーセキュリティ、防犯カメラの設置などでしっかり盗難対策をする必要があります。

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ