設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【福島県・いわき市】警備会社支社次長代理による事務所荒らし

2016.03.14 月曜日

2016年2月24日、福島県警・いわき中央署は、警備会社「ALSOK福島」のいわき支社次長代理の男(55)を、事務所荒らしの疑いで逮捕した。

 

男は2016年1月末、食品会社事務所に窓ガラスを割って侵入しようとした疑いがもたれており、「盗み目的でやった」と容疑を認めている。

 

他の窃盗事件への関与も認めており、警察では数年にわたって窃盗を繰り返していたとみている。

 

ALSOK(綜合警備保障)は男を2016年2月23日付で懲戒解雇し「警備会社としてあってはならないこと」とコメントしている。

 

上記の事件のように、12月に引き続き、ALSOK(綜合警備保障)社員の窃盗罪による逮捕が発生しました。

 

今回の事件では、「窓ガラスを割って侵入」とあるので、事務所の鍵を預かり利用したわけではなさそうです。

 

支社の上層部の社員でさえ泥棒に成り得ることを考えると、警備を依頼し鍵を預けることが非常に恐ろしく感じてしまいます。

 

CIMG2490

 

 

事務所荒らしの対策については、被害にあった際の深刻さ(現金や有価証券の盗難、個人情報の盗難・流出)を考えると、人の駆け付けではなく、機械の力で自動で威嚇撃退・通報できたほうが、いろいろな意味で安心です。

 

警備員の駆け付けは、法律上25分以内であれば免責、現場での任務は「確認業務(被害の有無、状況を報告する)」であることを考えると、空き巣犯の窃盗スピードに対し駆け付けでは間に合わず、現場に到着しても「ガラスがわれている」「中が荒らされている」などの報告にとどまる為、いずれにせよ被害は免れません。

 

また、泥棒がいなくなった後、ガラスが割れている、中が荒らされている、といった報告を受けることにあまり意味もありません。

 

知らせを受けず、次の日会社に来てみたら事務所が荒らされていた、という状況と何ら変わりはなく、それを考えると防犯カメラで24時間録画しておいた方が、確たる証拠を確保できるため、有効です。

 

防犯対策を検討する際には、「その方法で犯罪が抑止できるか」「その方法で犯罪の証拠は確保できるか」「その会社は信用のおける会社か」といった観点で業者を選定する必要があります。

 

 

事務所の導入事例はコチラ

事務所・オフィスの防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ