設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【千葉県習志野市】タイヤパンクの犯人逮捕

2018.10.29 月曜日

【車や自転車50台のタイヤがパンク】

2018年10月26日、千葉県習志野市で車や自転車などおよそ50台のタイヤが相次いでパンクしているのが見つかった事件で、千葉県警察は中国籍の32歳の男を器物破損の疑いで逮捕しました。

 

容疑者は7月下旬から8月上旬にかけ、習志野市の福祉センターなど複数の駐車場に止めてあったバスやワゴン車、自転車などあわせて51台のタイヤをパンクさせた疑いが持たれています。

 

タイヤには刃物で切られたような跡があり警察が捜査していましたが、9月に別の事件で逮捕された容疑者の関与が強まり、10月26日、逮捕したということです。

 

調べに対し、容疑者は容疑を否認していて、警察は事件のいきさつを調べています。

 

 

【相次ぐパンク事件】

 

全国各地で同様の事件が相次いでいます。

 

どの事件も共通している事は、ある一定のエリア内で車や自転車のタイヤを千枚通しやナイフで刺しパンクさせる、といった出来事が繰り返され、数十台~数百台の被害に遭います。

 

発生場所も街中のパーキングや各種施設、集合住宅や個人宅の駐車場など、特に脈絡がありません。

 

2018年1月18日に逮捕されたパンク魔は、東京都品川区・大田区などで前年11月から約3カ月で60台の自動車や自転車のタイヤをパンクさせており、その犯行動機を「ストレスがあった。タイヤをパンクさせるとスカッとした」と供述しています。

 

 

2018年9月に逮捕されたパンク魔は、埼玉県春日部市や越谷市で、7月からの2ヶ月間で130台以上の車のタイヤをパンクさせていました。

 

同様の事件は神奈川県相模原市や長野県松本市、福島県いわき市、茨城県つくば市でも発生しており、やはり鋭利な刃物のようなもので多数の車のタイヤがパンクさせられていました。

 

タイヤをパンクさせることは犯人に金銭的な利益が出るものではなく、また不特定多数タイヤをパンクさせていたことから、特定の人物への怨恨などではなく、極めて衝動的な犯行だと思われ、実際に逮捕された犯人の多くが「ストレス発散の為」と供述しています。

 

CIMG2457

 

何の恨みを買った覚えもないのに、ある日突然車のタイヤをパンクさせられ、外出に支障が出た上に、修理代まで負担しなければいけない、というのはあまりにも理不尽なことで、ストレス発散の為にこのようなことが起きてしまうのではたまったものではありません。

 

現状、屋外に車を停めている場合、このようなパンク魔の被害を避ける事は難しく、その地域にパンク魔が発生するか・しないかに被害の有無が左右されます。

 

現状は、出来るだけ防犯カメラのついている駐車場に車を停める、などで被害に遭う確率を少しでも下げる、といった方法以外に有力な手はなさそうです。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ