設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【兵庫県明石市】全小学校校門に防犯カメラ

防犯情報

【兵庫県明石市】全小学校校門に防犯カメラ

2018.01.11 木曜日

【小学校校門の防犯カメラで犯行抑止】

 

兵庫県明石市内の小学校全28校で防犯カメラの運用が始まっている。

 

モニターを通じ、教職員ら複数の人の目で常時、校門付近を見ることができるようになり、不審者に対する抑止力も期待されている。

 

防犯カメラは、各小学校で通常使用する校門付近に設置。台数は学校ごとに異なり、28校で107台が稼働している。

 

映像は校門近くの警備室や職員室、コミュニティ・センターなどにあるモニターに映し出され、多数の目に触れることで監視を強化している。

 

防犯カメラ設置の効果について、市教委は「校門の周囲にカメラの存在を掲示しているので、不審者に対して一定の抑止力が期待できる」とし、14年には児童に大きな声を出しながら校門付近をうろつく不審者が、カメラの映像で後日特定された事例があったという。

 

防犯カメラ設置で市教委は警備員を2人から1人に減らした。「安全対策をどこまで充実させるかは議論があるだろうが、子どもたちや保護者の安心を常に考えていきたい」と話している。

 

【学校の防犯カメラ 効果的な設置場所】

 

上記の記事の様に、明石市では小学校の校門付近に防犯カメラを設置することで、①犯行抑止②監視強化の2点を行っています。

 

防犯カメラの活用方法としては非常に適切な設置場所、活用方法だといえます。

 

 

防犯カメラの台数は「28校で107台」とあることから、各校に多数の防犯カメラを付けているのではなく、相当台数を絞って設置してあることが分かります。

 

防犯カメラの台数は多ければ多い程、犯行抑止効果が高まりますが、台数を増やせば増やすほどコストは上がっていき、キリがありません。

 

その為、防犯カメラの設置を検討する際には、優先度の高い場所から防犯カメラを設置し、優先度の低い場所には防犯カメラを付けない、といった判断をします。

 

小学校の場合、泥棒や不審者が侵入する経路は、校門を通るか、逆に校門ではなくフェンスを乗り越えて侵入する等が考えられます。

 

昨今の泥棒や不審者は校門を通って侵入することが割と多く、運動会や入学式などのイベントの際に、人ごみにまぎれて侵入したり、運動場や体育館に人が集中している際に校舎で盗みを働いたりします。

 

その為、校門や校舎入口に防犯カメラを設置することで、ほとんどの侵入者を撮影・録画できます。

 

逆にフェンスまで隈なく監視しようとすると、防犯カメラの台数は途方もない物になってしまい、金額と効果が見合うかどうかが疑問です。

 

屋外監視カメラ

 

市教委では「不審者に対して一定の抑止力が期待できる」とコメントしており、「犯罪発生の確率を下げる」という認識で防犯カメラを設置していることろが特筆すべきところで、あくまでも確率の問題であるからこそ、侵入の確率が高い場所に絞って防犯カメラの設置ができています。

 

校門の防犯カメラは、高い確率で侵入者を撮影できるだけでなく、人目につきやすい場所であるからこそ防犯カメラの存在を広くアピールでき、犯行抑止力を高めることができ、効果的です。

 

 

教育施設の導入事例はコチラ

教育施設の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ